読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

~キミ・ハ・ムテキ~

好きなものの好きな話

自担が木村拓哉と共演するという世界

検察側の罪人

検察側の罪人

 

 

5月2日、深夜2時。

GWの連休を使い実家に帰るため11時間かけて夜行バスで地元に向かう中。全く寝れないため”星野源のANN久しぶりにリアタイするか…”とスマホradikoを開いて深夜なのでさほど動いていないTwitterのTLを眺めつつ耳元で「星野源ギャラクシー賞ラジオパーソナリティ部門を受賞した」ことについてのお祝い話を聴きつつ、「おめでとう〜」とツイートしたその、とき、

 

急に早く流れたTL!!!

 

「ニノ?」

「映画!」

「キムタク」

の単語たち!!!そして!!!みつけたスポーツ紙早売りのツイート!!!

 

 

 

二宮和也×木村拓哉!映画で初共演!

 

 

 

 

 

キイイイタアアアアアアアアアアアアア!!!!!!!!!!!!コオオオオオレエエエエエエエエエエ!!!!!!!!!HUUUUUUUUUUUU!!!!!!!!!!!YABEEEEEEEEEEEEEEEEEEE!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

(実際のあの時の私の心の中のテンションを再現しています)

 

 

二宮くんが!!!!あの!!!あの木村拓哉と!!!キムタクと!!!!共演だってよ!!!!!!やっべっぞ!!!!!!

 

そのあとそのツイートに載っていたスポーツ紙の記事をガン見。耳元で星野源がなんか喋ってるけど全然耳に入ってこないゴメンね源さん!!!

 

二宮くんコメント

「どうにかなってしまいそうな気持ちを努めて冷静に、また客観的に見ているという状態です。原田監督の論法に、そして木村さんの全てに身を委ねてきます。行ってきます」

 

 

こっちこそどうにかなりそうだよ!!!!!!!行ってらっしゃいイイイイイイ!!!!!!!

バッキャロー相変わらずコメントがかっこ良すぎんよ!!!!夜行バスで泣かせる気か!!!!もう!!!そういうとこ大好き!!!!

 

そんで、原田監督のコメントで「犯罪映画の血脈は主役の声質。見せるよりも聞かせることを心がけなくちゃいけない。原作にある上質な台詞に、コーエン映画な磨きをかけて、ふたりに贈ります」ってある。

 

 

うわああああああ声だってよ、声。私、声優さんはあの人が好きとかそういうの特にないんですけど声フェチなんで超たまんないっすそして二宮くんとキムタクの声超絶大好きです!!!

 

まず木村拓哉の声といえば「ハウルの動く城」でしょ…。ジブリ映画の中でなにが一番好きですかって聞かれたらコンマ1秒くらいで「ハウルです」って答えるくらいにハウルが好きだし何が良いってストーリーも絵も好きだけどハウルが好きだしハウルの声が好き!!

ハウルの守らなければならないものができたっていう台詞の後の「キミだ」っていう言葉とかたぶん最高音質で聴いたら耳から妊娠すると思うんだよね(真顔)

 

そしてワタクシ、二宮くんを好きになったきっかけは二宮くんの「声」ですから。歌声はもちろん普段のベイストでの舌っ足らずな声も好きだし何よりも一番好きなのは映画とかドラマでの「語り」の時の声!!!!!

 

普段ちょっと声が高い人の、真剣なときの低くて落ち着いた声って超萌える。萌え滾る。ホント好き。大好き。二宮くん大好き(ドサクサ)

 

そしてですね、今回の映画の原作がこの記事の冒頭にも載せた「検察側の罪人」ですね。さっき地元の図書館にきて借りようと思ったらすでに借りられてた。早ぇよぉ。この片田舎にも私と同じ考えしてる人がいるんだなキョワイ。

検察ってのがとてもたまらん。HERO大好きマンの私としては最高にたまらん。第1シーズンが一番好き。SPで雨宮が逢いに来たのもたまらんかったし映画のキスシーンお母さんと見に行ったからちょっと気まずかったし第2シーズンはごめんなさいちょっとしか見なかったけど次の映画もめっちゃ面白かったし何より(以下略

 

 

「あるよ」(突然の)(言いたかっただけ)

 

原作を読んでから映画を観るか、悩みどころではありますが毎回待ち切れずに原作読んじゃう人間なんでたぶんもう少ししたら来年まで待ち切れねぇ!つって読んじゃう。ラストレシピも去年半日くらいで読破しちゃったしテヘペロ。

 

二宮くんってそういえばキムタクソロの「NATSU〜夏〜」をカバーしてたよなぁ、とか。工藤静香が子供が暗殺教室観てたって言ってたからキムタクも観てたのかなぁとか。

あれこれぼんや〜り考えて。

 

あぁ、二宮くんが、嵐が、SMAPメンバーと共演する世界線にやっとたどり着けたんだなぁ…としみじみ。

 

あ〜〜〜酒飲みながらこの記事書いてたら泣いてたわ、たぶん…。

 

 

まぁそんなこんなで期待値爆上がり楽しみしかない発表だったわけです。ここまで読んだら察せますよね。テンションあがってるのでいつもよりだいぶウザめな感じでお送りしました、読んでくれてありがとうございます。

 

前半で今年分の!マーク使い果たしたんじゃないかってくらい使った気がする。読み難いよねごめんね。

 

 

とりあえず今日の「夜の巷を徘徊する」の木村拓哉回続編が楽しみです!キムタクのマツコとの絶妙な距離感にめっちゃ萌える。