~キミ・ハ・ムテキ~

好きなものの好きな話

嵐「untitled」札幌公演の感想文だゾ☆

行ってきました札幌、観てきました嵐。

いやぁ…楽しかったなぁ。

チケットを当ててくれた、一緒に楽しんだ、3人に心からの感謝を込めて。


これからここに書くのはレポじゃなくて、私の感想文、備忘録です。これを一年後くらいに見返してニヤニヤする用。うふふ、うふふふっ。詳しい嵐の様子が知りたい人は他の人のレポ観に行ってね…。嵐よりライブの雰囲気、演出を重視してみるタイプです。別に特定メンツを下げる意味も特定メンツを上げることも書く気ないです。

初日、スタンドバクステ三塁側。
2日目、スタンド三塁側見切れ。
3日目、アリーナ三塁側中洲花道横。

 

セトリ

OPが映像から始まらないスタイル。珍しい。赤いレーザーが飛んで、ペンラで会場全部が赤に染まっていって、メインモニターの「untitled」の文字がじわりじわりと赤に染まり…そして緑に。

1:Green Light

会場全体がグリーンに染まり、グリーンのレーザーがビュンビュンと頭上を飛ぶ。今年はレーザーがめちゃくちゃ綺麗なんですよね~~~!!!レーザー大好きマンの私大興奮。衣装は、赤と黒のクールな、なんか、あれな感じのあれ。(あれってなんだよ)

2:I'll be there

そして一気に暗くなってイントロ。すべての光が消えて相葉雅紀にだけスポットライトがあたる瞬間マジ鳥肌だったよ御前様~~~~!!!きゃ~~~~!!アバンチュールして~~~~!!!!5人が動き出した瞬間(スタイリッシュじゃんけんぽん)に真っ暗だったメインモニターが点灯。メインモニターはいつの間にかステージにあるすべてのLEDパネルがくっついて一つの超巨大LEDパネルに。なんていえばいいかな、嵐の後ろにある全ての空間がモニターになってる状態。とにかくそのモニターの迫力がすごくて大歓声!私は!!ずっとこれを!!嵐でみてみたかったんだ!!嵐はモニターが小さいんだよなあ、NEWSとかみたいにおっきくて見やすいモニターにしてほしいなぁ、なんてたまに思ってたけど!それが叶った!双眼鏡いらない!スタンド席だってあの高画質巨大モニターがあれば肉眼で嵐の表情がくっきり観れる!物理的距離よ、さようなら!!ありがとう、技術組!!

3:風雲

赤と(たぶん)青のレーザーぎゅいんぎゅいん飛びまくり~~~!!好き。
メンステの一部がムビステとなり、バクステ側へ。ムビステ最大の高さはまぁまぁ。ステージすぐ下の鉄骨?部分がしっかりしていて揺れが小さくなってる。がっしり感が出ましたね。その部分にもきれいな電飾。
ごりっごりな曲だけどダンスがない。けどオラオラ歌う二宮くんカッコよかったからまるっとおっけーです。アリーナのときちょうど右上を二宮くんが通っていってな…テンパってとりあえず「にの」うちわ出しておいたけど…近い近い近い!って感情ばっかでもはや二宮くんのことを覚えていないぞ…?お?働け記憶力。

4:Attack it!

イントロが流れた瞬間の!歓声!すごかった!!久しぶり~~~!!!松本潤様セトリに入れてくれてありがとう~~~!!!そして私は生で観るのが初めての曲~~~!!!コール楽しすぎてあんまり記憶が無いんだよなぁ。「頂!上!」とか「Go!Go!」とかのとこめちゃくちゃ楽しかったなぁ。「笑顔に紛れた大怪獣」をもみもみするのは変わらずやってくれるけどモニターにはやってくれない二宮くん…。初日とか後ろ姿だった気がする…。でも「だいかいじゅ~!」の言い方の可愛さ健在ですね可愛いよ可愛いうちの自担可愛いよぉ(モンペ発動)
東京の収録日のときとかカメラ目線でやってくれるといいなあ…。

□:挨拶
潤の挨拶初日は「5万人かかってこいよ!」で、残り2日は「かかってこいよ!」だけ。あとは「ついてこれんのかよ!」とか、いつもよりオラオラしててたまらん…!3日目は聞こえないよっていうジェスチャーだけで煽ったり…潤が楽しそうにしてるとほんとこっちもハッピーになる…。
二宮くんは3日間とも「足んねぇーぞ!」を言ってくれて、たしかどこか1日は最高のオラオラ声で「足んねぇんだよ!!!」って叫んでましたねごちそうさまです。
今年の相葉くんは「ねぇ盛り上がってんのー!?」の方。果たして別会場で「足んないってよぉ~!」が出るかな…??
智は「いつもの言っちゃう~?」「嵐!札幌!祭り!」\でぃ!/なんだけど、untitledって言ってくれない(笑)
翔さんは今回3日間とも「男性陣調子はどうだ?」「野郎ども調子はどうなんだ!!」をやって、3日目はすごく声が出てたから思わず素の声で「ックハハ!」って笑ってて 萌 え た 。1日目初っ端に「TOKYOー!!!」って叫んだのはもう私たちは覚えてないから大丈夫だよ(←)。
あたっくいっとは「あらっしー!あらっしー!あらっしー!」のコールが早いから「ついてこれるかなぁ~???」って言ってくれる翔さんがすごく好きです。ついていってやるよ!!ってなります。

5:Happiness

初日に、ここのタイミングで例の白組司会おめでとううちわを見せることができた…気が…する…。基本お手振りなので記憶がない。

□:映像
untitledにおいて重要なストーリー性をナビゲートしてくれる映像がここで入る。わぁ~今年はとことんオシャレ路線なんだなぁ~と思う。untitledに収録されている歌詞を使ってポエミーな映像が嵐のナレーションによって進んでいくわけですが、やっぱり「Song for you」の歌詞が出てくるとどよめきがでる。

6:UB

イントロ流れた瞬間みんなこんなに早くにこの曲が来るなんて思ってないから「ふぁあああ!!!」ってなってた気がする。花道上手に二宮くん、下手に相葉くん。
「Listen…」ひょおおおおおおおおおおおおお!!!状態ですね(どういう状態だよ)
黄色い光と緑の光をそれぞれ引き連れて徐々にセンターステージへ歩み寄っていく2人…。めちゃくちゃでかいモニターにめちゃくちゃでかく2人の表情がアップで出てて、なのでスタンドの方は無理して双眼鏡使わない方がいいと思った。二人の対比で見たほうが絶対エモさ増す。でもまぁ結局スタンド席でみてた1,2日目は、モニターで二宮くんだけみちゃってた(←)ので気づけなかったんですど、アリーナのときが相葉くんが目の前を通り過ぎていくのでもう必然的に二宮くんじゃなくて相葉くんをずーーーっと観てたら、相葉くんが歌ってないときは、こう、気だるげな「しょうがねぇなぁ」って表情で頭ポリポリ、とかしながらセンステに歩いていくの…。その絶妙な表情!最&高!ちょっとお芝居はいってるのほんとたまらん…。
そしてセンステで2人はすれ違うわけですけど、そこでも絶対目は合わせない。いい具合に、すれ違う。けど息ぴったりにすれ違う。で、間奏から組んず解れつの振りですね…。同行櫻井担に「踊ってるっていうか絡んでる」って言われました。そ れ な。間奏終わりの手を繋いで上に上げて「We are one」って歌詞歌うのずるいよね~あの歓声はオタクからの祝福の歓声ですよおめでとう二宮くん…。そのあとまた2人は離れて、最後にグーして手を振りあってはけていきます。最後のここで2人は初めて目を合わせるんだよ!!!誰も邪魔できないその花道の空間!!!ふぁ~~~~~にのあいってにのあいだよね。初日の二宮くんすっげぇ良い笑顔してたよ…。おま、あんなん見せられて泣かないオタクがいるわけないだろう…!ライブで泣いたのは人生で初めてだったよ。
2日目、3日目と、慣れが出てきて安心して見れたんだけど、初日がもーーーーーほんとボロボロで(笑)二宮くんの顔がガッチガチなの久しぶりだし歌詞飛びまくりだし音程取れないし(爆)、相葉さんが頑張って引っ張ってってくれてたね…。あぁもうなんかにのあい。にのあいって書いて尊いって読むんだよ、あぁぁぁああにのあいにのあいにのあい…。終わって安心した初日の笑顔だったんだろうなぁ。
3日目アリーナからみたとき、基本的に後ろ姿なんですけど、まぁ~~~ね、二宮くんのおしりがちっちゃいの。あとボーダー靴下が、くぁんわいいのなんのって。にのあい、そしてUBはファンタジーであるということを生で観て再認識しました。にのあいは永遠。

7:Come Back

感情が追いつきません…。もちろん良い意味で涙が引っ込むかっこよさ~~~衣装のスカジャンかわいいよねすき。ラップバトル風。翔くんはこういうダンスが相変わらず得意だなぁ、と。手をガッチリ握る振付はきっと翔潤スキーさんたちへのサービスかな。ただ大変申し訳無いのだが毎回前半記憶がなくてだな…(UBのせいです)翔くんの「上の方!」に「Ho~!!」って返すところから意識が戻ってくる。

8:夜の影

冒頭は小芝居?からスタート。最初はJr.がワイワイしてると大宮が入ってきて何かの振りを教えだす。アメリカのハイスクールのダンス部部室のような。いや実際そんなのあるか知らないけど。空気感がアメリカン。韻踏んじゃった。
そこに潤くん登場、3人が揃うとJr.が一斉に煽りだす。バックダンサーってより盛り上げる取り巻きって感じかな。スマホで撮影(してる風)とか、タオル回したりとか。今度は3人揃って踊りつつもダンスバトルな感じがある。
1人が踊ってる時の残りの2人とか、その他にもあるけど、ちょっとアドリブっぽいところが多くて、双眼鏡で観てるともう目が足りねぇ!!!ってなる。初日、二宮くんが潤の肩に両手を置いて向かい合わせで腰振りっていう完全に誘惑するダンスしてたのビックリしすぎて声も出なかった…。動きがもうエロしかなかった…だから末ズは妖しい雰囲気出しすぎなんだよぉこっちもドッキドキなんだよぉけしからんもっとやれ。2日目は見切れだから全然見えなくて、3日目はびっくりするくらいぺっとりとくっついた末ズがみえてリアルに「んんぁぁあっ!!」って変な声が出た。二宮くんの右手が完全に潤くんの身体を撫で回してたよ…??演出含め、完全に潤くんが受け身なのもまた面白い。

9:バズりNIGHT

突然モニターに映るLINE風画面。アキバオタク風の3人の会話。に、スタンプも混ざるんだけどまさか櫻井画伯最新作「チワワ」「トトロ2017バージョン」が観られるとは思ってませんでしたwwww衰えぬクオリティwwww櫻井さんが嬉しそうに「まさかトトロであんなに歓声がもらえるとはねぇ!」とおっしゃってたのでまたいつでも新作お待ちしてます!!!
アキバオタク風3人はどうやら「伝説の3人」のライブが渋谷で行われるらしく、それに行こうとするらしい。「キボンヌ」とか古めのネット用語から最近の「ンゴ!」まで会話の中で使ってましたけどちなみに全部使いこなせてはいない(爆)そういえば智の台詞で「なにがなんだかパルプンテ」もあったな…ここでマキシマムもいれてほしかったなぁ~www
「伝説の3人」ってのが完全にヤマンバギャルのOSAなんですが、まぁとにかく翔子ちゃんがびっくりするくらい可愛い。隠しきれない顔の整い。もちろん他の2人も可愛い。のだが、ちょっと翔子ちゃんレベル高すぎる。ピンク似合いすぎ。
個人的見どころは「にん、にん、にん」のところで馬跳びをするが途中で止まるという忍術(?)がまったく使いこなせない櫻井翔。こてんって落ちていくの超かわいい。自分でも笑けちゃってる。超かわいい。「御意」もかわいい。一緒にやるの楽しかった。
間奏の超絶ヲタ芸。制御式ペンライトの新たな使い方…。2日目に思わずペンラ2本目購入したよ…。まさに「伝説」のヲタ芸でした…ジュニア、いや、妖精たち素晴らしかった。そして間奏明けに現れる伝説の3人のインパクトが半端ない。「毛根つよっ!」とかもうそんな話じゃないよ後ろでとぐろを巻いてるよ髪の毛が!!ww
一緒に踊るパラパラが楽しかったなぁ~!衣装担当TOMOE SHINOHARAだったのも驚愕ですけどね!!!!WSで取り上げられたらいいなぁ!!

□:ぷちMC
二宮くんのJr.に向けた愛に満ちた「うるさぁい。帰れ。白いの帰れ。うるさい。」が好き。妖精さんことフワッフワ白衣装のJr.たちほんと楽しそうだったな~ペンラ4個持ちとかしてる子もいたよ…。なんか階段降りてく時キャイキャイしながら帰ってったよ。
潤「それどこで買ったの」
智「しぶやでかったぁ」
とか
和「しょおちゃんのファンが複雑そうな顔してみてたよ!?」
とかココらへん短いけどあらぴっぴがきゃいきゃいしてて楽しそう。智曰く気持ちを持っていくのが大変とのことだけどいやほんとそれな!?!?夜の影からのバズりっていうなかなかの高低差をこなしているけどここからつなぐに入っていくからね…ココらへんの流れ大野智ある意味無敵ゾーン

□:ここでまた映像。確か少し悲しい感じの…。ここで「つないでいく」的なワードが出てきて、お?次はつなぐかな?と思う。

10:つなぐ

紐のようなものに繋がれた、智。という演出。操り人形のようにヒモに合わせて手足の関節が動く。いわゆるロボットダンスの路線でいいのかしら?さすがの動き…。操られている途中、すぱっとその紐を切る。そしてつなぐイントロへ。モニターにイントロの智の手の動きがドアップで流れつつ、それと同じ動きをもちろんそのモニター下の智もやってる。これすごくみててわぁ~!って思ったんだけど文字にすると全然感動伝わらないね???表現力なくてすいません!!!
このね!!!つなぐの衣装が!!!今回NO.1で好き!!!!!!!!!黒いロングコートのような、袴のような、ちょっと前回の青春ブギっぽさも感じる。真っ黒なんだけど、裏地が真っ赤!!ひらりひらりとダンスに合わせて裾が開くたびにちらちら見える赤い裏地がくっっっっそカッコイイ!!!特に間奏で5人丸くなるとき、全員がターンする、あのときね、全円スカートみたいにふわーっとなるのね、あれ女子みんな好きよ。あのタイミングで翔さんがくるくるっと片手上げるの超すこ。
でもね~~~このくそかっこいい衣装ね~~~これだけで脱いじゃうんだよね~~~~~もったいない!!!!!このままもう一曲カッコイイのやってほしいくらい!!なにがいいかな!truthとか!!!やってほしかったな!!!歌詞の世界観的に合わないかもだけど…。ここでドスッと重く踊る一曲ほしかったなぁ~~~!!!全員でバサッと脱ぎ捨てるのも超絶かっこよかったです。

11:抱擁

…どうしよう覚えていない。例のそのクソカッコイイ黒衣装脱ぐと、サテンのゆるっとしたシャツをみんな着てるんです。これがね~~~~~~~~~えろい。とてもえろい。すごーーくえっちです。とくに相葉さんとか、ダボッとしてるし1番丈の長いシャツなのにえっち。ただでさえ最高の腰つきなのに際立つ。

12:お気に召すまま

ここでセンステに移動してきていた。ちょっとLove Wonderlandっぽい振り。5人縦に並んで肩に手をおいて歩いたりとか可愛い振り付けが相変わらず似合うなこのやろー!!かわいいよ!!さっきは相葉さんがえっちだなって話しましたけど、二宮くんもかなりえっちぃですよ。ダボッとしたサテンシャツになんとなく感じ取れる身体のライン。

13:BitterSweet

ここで、アリトロでバクステに移動。ビタスイってちょっと久しぶりかな?イントロ流れた時にちょっとお~って歓声があった気がする。嵐踊ってくれないのかぁとちょっとがっかりしたんですが、メンステでJr.ががっつり踊ってくれてるのでスタンド席はそっちみるのもあり。人によると思うんですけど私は嵐が他人にやってるファンサにこれっぽっちも興味がなく(爆)嵐がファンサタイムに入ると色々なところキョロキョロしだすのでサイドだった2日目とかJr.みてました。Aメロじいまごの「ただ君だけをみつめてた」の部分は智のサービスでちょっぴり振り付けやってくれた。いきなり踊りだした智に戸惑ってた潤可愛かった初日。「巡り会えた~」からのところは3日目のとき、潤がめちゃくちゃ近くにいたので潤に向かって全力のPPPHをしました超楽しかった。
ここでサテンの上にメンカラーのジャケットを着る。今年の衣装替えはシンプルだけどオシャレででもきちんと違いも出てる。あとここまでずっと黒の細身パンツなのごちそうさまです!!!!!

14:GUTS!

バクステでちゃんと踊ってくれます。花道にはJr.が散って、踊ってます。サビラストの振りが野球ではなくなんと、ボウリングになっていて初日、ざわついたwww
「ゆめーと」←ここで指をヒラヒラさせて風を当ててる
「きぼうのー」←ここでボールを構える
「パレードー」←投げる
「喜びへーとかじをとれー」←ここでガッツポーズ。どうやらストライクだったようですwww
このあと可愛くぴょこぴょこ5人でハイタッチするんだけどおまえらなんなんだよ可愛いがすぎるぞ!!!楽しそうで何よりだよ!!けしからんもっとやれ!!!!
そして上手にANS、下手にOMで分かれて、サビ。ここでOMは右手と左手であゆはぴのときみたいに分担で振りをやっているんですが(かわいい)あとこれもまた去年と同じく潤が釣って智がリリースするっていうお遊びをしてたんですが(かわいい)、ANSも3人で分かれて振り。だけど右手左手を櫻葉がやってるから二宮くんただ立って歌ってるだけwwwwwwwwwだけどちゃんと二宮くんもきちんと目線で踊ってます(目線で踊る、とは)。ひとりだけ超絶楽ちんコース、っていうかむぎゅっと櫻葉に挟まれてる二宮くん超かわいいし相変わらず甘やかされてるしまぁ総じてとにかくめたんこ可愛い。2人にぎゅーっと挟まれて超楽しそうかわいい。
ボウリングの振りについてはどこかの日のMCで話してました。潤曰く「untitledバージョン」とのことで(笑)、今回のGUTSはハンドマイクだから両手使えないしバットを振るフリに違和感があるから野球じゃないものにしたら?となったそうな。テニス案があった(実際やってたけど意外と伝わるし面白かった)らしく、あとは卓球とかもあったよね~って話してました。まぁ結局どれもサーブが両手使うよねってことで却下に。その話し合いを思い出してる嵐も楽しそうだし、その話し合いめっちゃ楽しそうだよね!!!きゃっきゃしながら梨本くんと6人で「卓球は?」「それも両手じゃん!」とかやってたんでしょくっそ可愛いなお前らそれも来年円盤に入れてくれ!!!!

15:Doors~勇気の軌跡~

冒頭の二宮くんソロは当たり前に生歌なんですが、絶妙に音が不安定で毎回隣の友人ニノ担とペンラ握りしめて「頑張れ…」って祈ってた(笑)
ムビステでメンステに戻っていきます。これ、センステ側向いて踊るからバクステ側スタンドだと後ろ姿なんですよね。レア。こういうのちょっとうれしい。

□:MC

3日間のMCごちゃまぜ順不同。長いので、も一つの記事に格納しとります。

kimi-ha-muteki.hatenablog.com

□:アクセントダンス

激しく踊るわけじゃないけど、めちゃくちゃカッコイイ。少ない音で踊るのいいよね。センステの床がいつもみたいなLEDなんですが、やっぱり今年はやっぱりすごく映像が綺麗。水の感じ?だと思うんだけど。綺麗だったなぁ。あれはスタンド席へのご褒美。嵐へのピンスポも無しで、照らすのはその床からの光だけ。シルエットで踊る感じです。表情見えないけどカッコイイ。なので踊ってる時の嵐そのものの空気感はアリーナが感じやすい。これはアリーナの特権。そして嵐から光を発するような演出はレーザーとフリフラ制御で。これがまたすごい。完全にペンライトでの演出をものにしましたね…。

16:Sugar

ここでSugar~~~~~~!!!!!!!!MCでお着替えした後の衣装が白の上から各々薄い茶色の衣装を重ね着してるんだけどこれがまたオシャレなんだな~~~~!!!アクセントダンスから続いて照明は少し暗めで若干ピンクがかった感じだったかな…。顔に陰影が出て色気が出る。振り付けも!!好き!!!そしてサビ!!!サビが360度カメラ!!!!!
5方向(もしかしたらそれ以上)にカメラを設置して連続してスイッチングすることによって3D?っぽさが出る演出。まじでこの曲はモニターでみて最高に血が沸き立った…ライゾマ!?ライゾマ!?と思ったらパンフにライゾマティクスの名前あったのであれはライゾマだと思っているよ。あれでカメラ目線すんの超かっこいいよ~~~~~~画質があのときカクカクってなるのも好き~~~~~~総じてSugarマジで最&高。

17:Now or Never

5色の丸がペンラで描かれてまるっと世界観パズドラ。かわいい。ON・ASMで二手に分かれる所もかわいい。ずっとおおみやちゃん見てた。かわいい。ふたりでおっかけっこしたり。かわいい。
センステからJr.と絡んだりしつつメンステでダンス。総じて可愛い演出なんだけど物足りなさも感じたのはなんだろう。もっと派手演出でも良かったのでは?って思っちゃったからかな。

□:映像

想いが届かなかった、そんな感じの切ないゾーンに入ってった気がする。次曲への伏線をひくためだけど、さっきまですっごい明るかったからちょっと感情追いつかないな、って思った。

18:Pray

雪の降るすこしアニメ調な街並みで嵐が歌ってる感じ。演出で見事に冬のラブソングに出来上がってた。クリスマス時期の東京公演にピッタリの演出になりそうですね~。札幌2日目の豪雪だとぴったりどころかワロエナイけど←
あの日開演1時間前ぐらいに何も見えないくらいに真っ白の猛吹雪になって嵐もMCで「今外出たらやばいよ!」って言ってた。(あぁもうじゃあ今日まだ土曜だし帰らなくていいからここに泊まらせて…モニター貸して…うちらで過去出演映画のオールナイト上映とかでもするから…)って思った…。

19:光

後ろの映像が暗い石畳?というか謎の通路を進んでいくと光が見えて扉が開いて、きれいなステンドグラスが輝く教会にたどり着く、という映像が後ろでずっと流れてた。またこれも画質が良くてねぇ。教会に辿り着くと、Jr.が合唱隊?っぽい衣装で登場してゴスペル調になる。モニターのステンドグラス風がすごく綺麗だったな~。
ここらあたりまでは歌を聴かせるゾーンでしたね。

20:君のために僕がいる

花道、フロート、ムビステ、それぞれがリフターへ移動。
ここで櫻井さんだけ1人ムビステ移動。去年の智と同じ状態。私はココを櫻井翔と愉快な仲間たち」「櫻井無双ターン」などと呼んでいます。櫻井さんも相葉さんもしっかりサビ一緒に踊ってくれる。久しぶりだよねこの曲。楽しかった。
私の近くのアリーナでは、右手に櫻井、左手に潤という翔潤に挟まれて、どっち!!!どっちを観ればいいの!!え!!どっちも近い!!!あぁあっ!!!という状態が発生していました。あれは幸せすぎて爆発する二択だった。テニス試合観戦並に右と左キョロキョロした。

21:PIKA★★NCHI DOUBLE

これも久しぶりなのでは~~~!?!?!リフター上がっていきます。
ここで衣装替えしてたような気がするんだよな~~。初日は二宮くんリフター近く、3日目が相葉くんリフター真下でした。相葉くんただ脱ぎ着するだけなのにどうしてそんなに様になるの!?!?!?って思った記憶。ここらへんはJr.が花道に散ってずーーーーっと踊ってくれてるので目の前のJr.と踊るのも楽しい。スーパーJr.タイム。

22:ハダシの未来

これも久しぶりな気がした。初日ふにゃふにゃ踊る二宮くんを観てかわいいかわいいをただひたすら連呼するロボットと化してたよあれは本当に楽しかった~~~~!!この曲で自担と一緒に最後の両手上げるところ出来ると嬉しいよね!!!!3日目は相葉くんのお尻もチラチラ観つつJr.と一緒に全力で踊りました超楽しい。だって当たり前だけどみんな嵐みてるんだもん。「こーんなきもーち」のとこで全力で指差ししたもん。Jr.に。でもやっぱりあの部分は相葉さんと一緒に両拳を空に突き上げました。

23:Believe

じゅーん相変わらずこの曲好きね!!でも翔くん以外のメンバーのバクステ移動曲だから踊ってくれない…。しかしJr.くんたちはオリジナル振付踊ってくれてるから!!!目の前でキレッキレでBelieve踊るMADEに圧倒されたよ…。大変申し訳無いが名前を存じ上げなくて後から検索したら福士くんって人でした。スタイルばっっつぐん。

24:Monster

バクステでイントロから炎がバーーーン!!!初日バクステ側だったのでみんなで小声低めの声で「アッツ!」って反応しました、ライブあるある。嬉しかった~バクステでがっちり踊ってくれる~~~!!!潤の寝技が生で見れた嬉しい~~~~!!!(超語弊)
もちろん花道でもJr.くんたちがガッシガシ踊ってるので最高~~~!!!なんだよMonsterかよって言われがちだけどやっぱりこの曲良い曲だよね~~~!!!

25:A・RA・SHI

アリーナにて。引き続き花道にいるJr.たち。冒頭ラップのC&RでJr.くん、たぶん宇宙Sixの人かな?すっごく煽ってくれて!いやーあれ楽しかった!!煽りがお上手!!
智が3日間ともラストの「譲れないよ~」から歌わせてくれた。嬉しい。札幌みんな歌上手いね、すごい声が綺麗に揃ってたww

□:映像
インターバル映像はラスト。もう残りはあれですから。

26:Song for you

この曲はイントロがかかるだけで鳥肌。綺麗なオケの音に合わせて5本の光?が夜空をかける。これがまたねーーーものすごく綺麗な映像でね~~~~。
そして智がひとり、静かにスッとポップアップ。美声。そしてそこからひとりでソロダンス。いやもう綺麗すぎるから!!!智のソロコンですよ。もう大野智の空間でしか無い!!!
そのあとは歌パートどおり、にのあい、翔潤、と順番にJr.を引き連れて。冒頭のユニットと同じ流れだからちょっと感慨深くなる。にのみやくんここの歌声安定してたなぁ。歌いやすそう。低めのパートだからきゅんとしちゃう。ちょろいおたく。
またこの曲の衣装がおっしゃれでだな!相変わらず赤と黒が似合うな!嵐は!!王子様!!!ほんと君ら王子様!!ファンタジー!!!Disneyの世界から出てきちゃった王子様!!!!そしてまた大野智がすっと登場するわけですけどこのときのラスボス感。
この曲のモニターに写ってる映像はPV並みのかっこよさ。過去の嵐と今の嵐をシンクさせたり。これ用にしっかりリップシンク撮影してる。とくに翔潤パートがかっこいいんだよな~~!!去年のとぅーまいほーみーずの超進化版!って感じ。過去の写真も出てくる。「For you happiness~」からの映像がとくに圧巻。「歌詞を画面いっぱいに出して感受性ゆさぶられる」って感じ。岡崎体育ですね←
最後は巨大LEDモニターが再び大開放!!5分割で嵐の表情がどーん!そう!!!これ~~~~~!!!!嵐でこれが観たかったの~~~~!!!!(2回目)
この瞬間に嵐が歌う「This song for you」は最高潮に尊い。この5人のユニゾンは本当に罪深く美しい。私はこの映像を早く円盤で観たいしこの演出含めてPVとして世に出して欲しいよ…あぁ尊いよ嵐…。
アウトロで一言ずつ「今日は来てくれてありがとうございます」的なことと「これからも僕らは前へ進んでいきます」的なことをいいます。これが締めの挨拶代わり。
2日目二宮くんの「僕らの想いが皆さんに、皆さんの思いが僕らに伝わりますように」で違和感を感じて3日目「皆さんの想いが僕らに、僕らの想いが皆さんに届きますように」で、なるほど、と。普段から二宮くんってこんな感じでお芝居の台詞言ってるんだろうなぁ。

27:「未完」

尊すぎるセットリストここにいま誕生~~~~~!!!!!
Song for youという完成しきった最高のエンターテインメントを魅せていただきたあとに「未完」って~~~~!!!!終わらない嵐~~~~!!!止まらない嵐~~~~~~!!!!

「There is no turning back,There is no looking back」
「That is what I've always wanted」
後戻りしない(できない)、振り返らない(れない)。それは嵐が常に望んでいること、求め続けてきたこと。少し立ち止まって過去をみえかえすことはあっても、そこにはすがらない。またすぐに前を向くための、確認でしかない。
「ただそう前だけしか見ない」
「目の前には誰もいない」「その未来自分次第」
2015年に一度原点を思い出して、繋いでいくことの大切さを表現した嵐は、2016年今の嵐をみせてくれて、そして、今年2017年は先に進む嵐をあらわす。
「輝き出す未完成の「I」」

そして最後、「Do you wanna ride?」と言って背中をみせて去っていく…。

かぁああああっこいいいいいい~~~~~~!!!!!!なにそれ~~~~~!!!!ばかっこよすぎませんか~~~~~~~!!!!!

ここからアンコールですね。
初日、ぬるっと本編が終わったため、ざわざわと5万人がそれぞれに様子を疑うざわめきwww
とまどいながらみんなで「あ、あーらし…、あーらし、」とぬるっとコールが始まるwwww

28:ワイルドアットハート

どうでもいい話から始めると、最近サビのフリが踊れない…嵐も一緒に踊ってくれないと左右が怪しい…うん、どうでもいいね。初日の潤の出てきて最初の一言「これがアンコールだぞ~~~」わろた。衣装がuntitledという文字をあちこちに貼った感じのそれぞれ型も色も違うジャケット。かわいい。

29:サクラ咲ケ

手をブンブン振りました。それしか記憶がありません!!!!!!!!!
初日だったかな?ぬるっと始まったせいで声が出しきれてない我々にしょさん?から喝があったような…?そのあと、「さ、さーせん!!声出します!!」って具合に一気にみんなで「ッハイ!ッハイ!」ってなったファンは優秀でしたwwww

30:彼方へ

曲の最初の方はペンラ含めほとんどの光が消えて嵐の乗るフロートの縁だけが光って、神々しい演出。フロート近くに来てくれてるから必死に双眼鏡で観るけど暗くて見えねぇ。そしてメンステに移動。初日、最後の「Don't stop music」を5人で目を合わせながら少し含み笑い?しつつ歌ったのが印象的。あの場にいた5万人と5人みんなが「Don't stop music」って思ってたとおもうんだ。にくい歌詞ですねぇ。

二宮くんがいつものたかぁい大きい声で「ばぁいばぁあーい!!」ってすんごい言う。あとディスコスターは相変わらず健在(笑)

ダブルアンコールへ。そして、彼方へが終わった瞬間、嵐がはけた後に、全員が思う。
「まだ、アレをやってない!!!!!!!!!」

31:カンパイ・ソング

キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!!待ってた~~~~~~~!!!!!
ステージにくったりしちゃってる嵐可愛い。からのかんぱーーーーーい!!はいっ!はいっ!はいっ!はいっ!はいっ!これがすっっっっごい楽しいんだけどもうマジ途中疲れる(爆)ずっとジャンプしてはいっ!はいっ!って言いながらそして全力の「じゃあビールの人?」「はぁああーい!!!」くっそ楽しい。「発酵!発酵!」「血行促進!」もこんなに笑顔でしかも5万人で叫ぶ経験こんなときしかないしまぁとにかく、くっそ楽しい。
初日、サラリはけていこうとした嵐にみんなで「えぇぇええ~~~!!」と叫んだら潤くんが「もう一回やる?」と、札幌ドーム久しぶりのトリプル?アンコール!!毎年、鬼のように嵐コールをし続けたおたくの想いが届いた!と、思っている!!!!我々はこれを”おかわりカンパイ”と呼ぶよ…。このおかわりがこれまためちゃくちゃ楽しかったんだな~~~~。突然のもう一回に間に合わないバンドとモニター映像、そして相葉さんの戸惑い顔(爆)おかわりカンパイはラストの「ばいばーい!じゃーねー!」のところ。しかしなんか、もやっと始まってもやっと終わりそうになったので松本潤様から「ごめん、今の締まり悪かったからもう一回やっていい?」のお言葉!!!!もちろんです!!!ありがとうございます!!!ラストオーダー迫る中のおかわりは美味しい!!!!!!!!そして終わりたくない!!!!この!!!楽しい時間!!!!

でも、次があるなら、まぁ、いっか!

ってな具合で、札幌3日間が終わりました。以上、駆け足自己満感想文。

あ~~~~~~~~もう、ほんと、嵐、好き。

嵐「untitled」札幌公演MCメモ

札幌 3日間 順不同

 

・UBチーム
初日、3人の後ろでマイクを通さずなにか私語してるにのあい。
「UBチームどうしたの?」
今回にのあいのことを「UB」って呼びたがる翔さん。お気に入りなのかな。
「こいつが自分が振り間違えたのに俺のせいにするんだよー!」
「ちげーよ!」
みたいないつもににのあいにのあいした件。初日ぼろっぼろでしたもんね(爆)
毎回、UBは~ってお話振ってくれる翔さんありがたかった…。

・もちつき
UBの組んず解れつの振り付けは、間違えても小説の最初に特徴的な振り付けがあるのでなんとか取り返せるらしいんだけど、お互いに体重を掛け合ってないと離れていっちゃうらしい。
「なんだっけ…もちつき…もちつき…」
ファン(もちつき…?)
「おしくらまんじゅうね」
おしくらまんじゅうを餅つきと間違える二宮くんを早急に国で保護して欲しい可愛い。

・いくつ?いくつ?
翔潤が15年以上ぶり?にユニットで歌ったって話。当時を知ってる人~?(観た人?)という質問に意外と手がちらほら挙がる。
「(嬉しそうに)いくつ?いくつ?」
「やめなさい!w」
おいこら無邪気に女性に年齢をきくんじゃないよ!wwww

・3人の振付
夜の影で3人での振り付けというものを初めてやった大野さん。揃わないかっこよさもある、と思って振り付けたところもあったらしいけど、やっぱり揃えてくれる末ズに感動したらしい。フォーメションとか3人で魅せる振りを作るのがやっぱり上手だよね、と話す潤。
「やっぱり揃えたくなるよね!Satoshi Ohnoの振りはさ」
「…そこは大野智でいいじゃない」←照れながら
「気になるとこ、そこ!?」

・「にん」が出来ない櫻井さん
バスりNightにて「にん」のタイミングで馬乗りでキープする、というところを失敗しちゃった櫻井さん。そしてそれをしっかりとみていた二宮くん。
「なんか、転んでましたよね?」
「え?(すっとぼけ)」
相葉さん曰く、翔ちゃんは簡単コース(1番馬跳びキープの時間が短い)とのこと。あれ、馬跳びでキープする、という忍術らしい。バランスとるの大変だよね…。でも持ちこたえられずころんころんする翔さんめちゃかわいいからおっけーです。

・衣装じゃんけん
じゃんけんしようぜー!でぱっと5人内向きになってきゃっきゃしだすところかんんんんわいいですね。今年はライブしてないからこれみるの我々も1年ぶりだけどやる嵐も1年ぶりだもんね、楽しそうでなによりだよ。
初日に、「これどうする?ひとりになったら」「最初だからひとりはやりなおしにしよ?」「え、びびってんすか」櫻井「びびってねーし!!」もうお前らほんと楽しそうだなずっとやってろ微笑ましいなこのやろう。結局綺麗に2:3になって「これはひとりになる流れだろー!」って顔見合わせて笑う櫻葉がとってもいい櫻葉でした。ほんっと楽しそうだな~~~~。
初日末ズ残り、2日目にのあい残り、3日目磁石残り。
二宮くんは宣伝多いから3日間残らせてもらってたのかな。毎回着替え終わった後に、じわりじわりと気配を消してステージに戻ってくる大野智がめちゃくちゃおもしろかったです。なんだろうね、あの絶妙な気配の消し方(爆)めっちゃゆっくりおじいちゃんが入ってきたみたいだったwww3日目は二宮くんにみつかって「あの、一般の方ここ入れないんですよぉ」って言われちゃうwwww
「あ、そうなの?」
そこで着替え終わった相葉さん登場
「ほら、お友達きてるよ」
「ぼく~こっちだよ~」
相葉さんに手を引かれて端に連れて行かれる智(最年長)wwww
2日目じゃんけんのときは「これ全員一緒だったら全員ではけようぜ」って言い出す智wwww一応みんな嵐観に来てるから頼むから誰か残ってくれwwwwwwここでもしかしたら5人全員同じやつを出すかもしれないという可能性が少なからずあるのが嵐らしいところですね。最初は末ズ残りになりそうだったけど、昨日と同じってことでやりなおしに。潤が「昨日と一緒で何が悪いんだよぉ!」って言ってたのめっかわ。知ってるくせに~~~!!!←
「最初はグー!」っていう相葉くんに「なんでだよ!」ときゃんきゃん噛み付く二宮くん。「ごめんごめん、グッパージャスね!」ってなったけど、嵐ってグッパージャスの人たちだったっけ。

・アリカスちゃんとウチテルさん
初日、末ズがステージに残ってお話。紅白司会の件で、松潤方式で有村架純ちゃんを「アリカスちゃん」と略す二宮くん。「アリカス!?」とざわつくファンwww
「アリカスちゃんと、ウチテルさんですよね」ってそれまたそういうこと言ってると突然会見とかで「さゆゆ」みたいにイジられて困るの二宮くんですよ!wwww

VS嵐を観てるタク
検察側の罪人」の話。キムタクのことを「タク」と呼び出した二宮くん。だからそういうこというとラジオでチクられたりして困るの二宮くんなんだからね!!ww
「私は戦っていきますよ、”タク”(って呼ぶ)」
「実際はなんて呼んでたの?」
「木村くん」
「あ~、ジャニーズルールに乗っ取ってね」
ここでふと、キムタクはジャニーズ事務所なんだっていうことに個人的にぐっときた…。このタイミングで2人が共演するってきっとすごくおっきいことだよね。
「VSとか観てるんだって」
\へぇ~~~!/
「へーでしょ?俺も思ったもん!」
「”俺全部できる”っつってた」
「できそうだよねw」
まだ探り探りで木村くんの話をする感じだけど、これから色々エピソードとか出てくるのかな~楽しみにしてるね~~~。プラスワンに是非来て欲しい。もしくは検察側の罪人チームで呼んで、相葉くんとバスケ対決させよう。夢叶えてあげよう?

・珍しく噛んだ二宮くん
こちらも検察側の話。
「俺緊張してたのかな?初日、お昼休憩までずっと噛んでた」
(お昼休憩ってかわいい。ちょいちょい言葉のチョイスがかわいい)
\へぇ~~~!/
「珍しいね!」
「でしょ?珍しいでしょ?あと、用語も難しかったからね」
緊張しないで有名な二宮くんが緊張してたなんてね~~~…。そりゃキムタクとの共演だもん緊張するよねぇ。モンペ二宮担たちは白組司会頑張ってね…緊張するだろうけどにのちゃんなら出来るからね…って思ってるよ…。でも初日のUBの緊張具合みたらちょっと心配になってきたよ…。

・集合時間
「何の話しよっか」「今日の集合時間の話する?」から2日目、集合時間の話に。ちなみに去年の札幌MCにて、集合時間の5分前に集合場所に行ったのに遅刻したみたいな空気を出された!俺達は遅刻してないのに!と主張した櫻葉があったわけですが、今年はどうやら相葉さんだけだったようで。
「みんな最近俺のことせっかちせっかちっていうじゃん!でもみんなのほうがせっかちだよ!!」
「いやいやせっかちですよ」←たぶん末ズのどっちか
「集合時間は何時でしたか?ほら!言ってごらん!」←とてもおにいちゃんみのある言い方。
「10時ですね」
「でしょ?10時!でも誰もいないの!」
10時集合と言われたので59分30秒(細けぇw)に部屋を出て集合場所に行った相葉くん。そしたら誰もいなくて、楽屋についたらみんなに遅刻したみたいな目で見られた!とオコ。大丈夫、たぶんみんなそんなこと思ってないよwww
「何分に出たの!?」
「おれ58ぷん、きのう58ぷんに出るっていったよぉ?」←ひらがなにしか聞こえなかった
「あ、そう?」
「ならしょうがない」
「言ったならしょうがないかぁ」
ここで折れる相葉さんが超相葉さんですよね…。

・スイーツ部発祥
3日目、櫻井さんの「スイーツ部の発祥って札幌ですよね?」という話からスタート。今年もショーケースに7種類くらいメンバー分で5こずつケーキを用意してもらってたそうな。ちょっとしたスイパラだよね。ってか嵐スイパラ行けばいいよ、楽しいよ?
「やっと3人がスイーツに本気になってくれた!」と言い出したところでするっと相葉さんが智の方に寄っていって、2:3の構図。嵐ってMCで話の流れでぱっと立ち位置変えて話すの上手だよなーって思う。

モンブラン
「俺、モンブランが、嫌いってわけじゃないけど好きなわけでもないのね?それをさぁ、2人がすげぇ食べさせようとしてくんの!」
「翔ちゃん大変だなあって思って!」
二宮くんが目撃したのは、翔くんを囲む部長と副部長の姿。
「何を言ってるんだ。食べなさい」
「食わず嫌いなだけだって!」
「いいから食べなさい」
「大丈夫だよ!」
ってなんか嫌いな野菜克服みたいな状況があったらしいwwwこれを説明する時にちょっぴりモノマネしてるしそれが絶妙に似てる二宮くんね。ってかモンブランを食べるのを励ますってなんだその楽屋(爆)

・中古のケーキ
「綺麗に5個ずつ並んでんのが戻ってくるとすげぇ食い散らかされてんの!」
「あれなんで戻してんの?w」
「違う!違うんだよ!相葉くんと契約してるの!」
全種類食べたい櫻井さんのために、半分ずつ(ってか一口ずつ)先に櫻井さんが食べて、もったいないからその残りの半分を相葉さんが食べるという契約をしているらしい。
「しょーやんと契約してるの!だからおれ札幌で食べるやつ全部中古!しょーやんの中古なの!」
しょーやんまーやん呼びなのかお前ら…。

※思い出した時にまたちまちまMC追加していくかも?

二宮くんが今年の紅白歌合戦で、単独で白組司会をするということ。

 

いつになく、超絶ポエミーなブログを書こうと思います。(ドーン)

 

ほんとうにほんとうに、びっくりしました。

第68回NHK紅白歌合戦、白組司会。二宮和也
f:id:ars_pfm_193_dx:20171117071955j:image

この文字の並びに震えました。
不思議な感情がぞわぞわと、せり上がってくる感じ。
日本アカデミー賞で最優秀主演男優賞発表の瞬間、「母と暮せば」の「は」の文字が聞こえたときのような。

みぞみぞする。(by ドラマ”カルテット”)

嵐は、2011年から2014年まで5人で紅白の白組司会を務めました。去年2016年は、相葉くんが1人で白組司会を務めました。もちろん、全部リアルタイムで観ていたし、それらの司会が決まった瞬間は(特に2011年、2016年)はカーッと一気に自分に血がめぐるような、喜びのような緊張のような、そんな感情が出てきたのですが、そのときとは、桁違いの、脳みそが勝手に揺れる感じ。ねぇ、きいてよ、ねぇ。二宮くんが、司会やるんだって。紅白の、司会。

2011年からの紅白司会はもちろん、2013年からは「ニノさん」という冠番組も持って、その前にも「ひみつの嵐ちゃん」ではいろいろコーナーの仕切りとかも経験してて。司会・MCの腕はメキメキと上がっています。話回すの上手だし、楽しそうだし。たぶんこれは贔屓目じゃなくてもそうなはず…。だから、なにか不安があるとか、そういうわけじゃない。わかってるんだ、わかってるんだけど、こう、ゾクゾクとするこの感情。

スポ紙とかでは「嵐5人が東京五輪までに順番に司会を担当する」なんて噂記事書かれてて。まぁ内心ホントっぽいなぁとか思いつつ、また嵐かよって叩かれるのも面倒だなあとか考えてて。いざやるとするなら次は智、みたいな説も流れて。まぁそれっぽいなぁ。二宮くんではないだろうなぁ、って結構多くの人もそんな気持ちでいたみたいですが。

何度でも言う、まさか、まさか、今年が二宮くんだなんて。

 

ちょっと前までの私は、正直、二宮くんの紅白司会はいやだなぁって思ってました。だって、カウコン出れないんだもん。だって、たくさんの先輩後輩の輪の中で笑う二宮くん好きなんだもん。だって、紅白は視聴者が多い分、二宮くん頑張って司会しても絶対叩くやつが出てくるんだもん。「なんで二宮が?」って言われるのいやだもん。
だけど、そんなの、全部吹っ飛んだ。

紅白歌合戦で「自担」が白組司会をするなんて、そうそうあったもんじゃない。一生に一度かもしれない。紅白歌合戦、約70年の歴史の中に、自分が全身全霊で応援している人の名前が刻まれるという、この、なんたる幸せな事実よ…。
井ノ原担、そして相葉担のみなさま…お察しします…!!!

21年前、御茶ノ水から総武線に乗り、千葉方面へと向かう電車の中、ラーメンの匂い漂わせ、並んで座ってマンガを呼んでいた少年2人が、いつかそれぞれ紅白歌合戦の司会を務めるという未来が待ってるなんてきっと神様だって想像し得なかっただろう。

二宮くんなら去年の想いも乗せて、きっと白組に旗を持ってくるよ。

正直、だらだらと毎日を過ごしていたら新しいうちわなんて作る時間もなく「まぁいいかぁ、去年も持ってったファンサうちわ持ってくかぁ」なんて気持ちでいた札幌4日前。そんな暢気なこと言ってられなくなった。
そう、さっきも書いたけど、一生に一度かもしれない。
コンサートツアーの初日に、一番最初に二宮くんに「白組司会おめでとう」を伝えられるチャンスが、あるとするならば。
いや、結果、届かなくてもいい。でも、作らなければならない!うちわを!!という異常なほどの使命感に駆られました。
f:id:ars_pfm_193_dx:20171117071926j:image

安定の低クオリティ…しかしクオリティより想いが大事だと思ってます、ええ。(自分で言っちゃう)

もし座席ガチャ*1が上手くいかなくて天井席だったとしても。天井からでも、精一杯振ろう。おめでとうとがんばってを込めて。ペンライトの色を黄色に変えて。

まぁそんな私ごときが応援したところでスーパー頭の回転早い生放送もお手の物MC二宮くんにしたら大した応援にならないかもしれないですけど。あ~~~全国についに二宮くんがめちゃくちゃ出来るコだってことバレちゃうなぁでへ、でへへへ。←強火モンペ

 

ところでなんですけど、
去年の紅白は友人と酒を飲みながら観ていて、冒頭のPUFFYで同じ画面の中に嵐と星野源がいて泣いたんですよ、私。こう、好きと好きが重なりすぎてしまって。自分の中で。んでそのあと相葉さんが源さんのときに恋ダンスを踊ってるのを観てまた泣いて、ガッキーが踊ったのを観てさらに泣いて。そして大トリ嵐で二宮くんのバストアップになった時に後ろに映り込む源さん、という源さんがずっと嵐の後ろにいるというその状況にもうリアルに「あああぁぁあぁぁあああ!!!」って声を出してたんですよ。だから今年もし二宮くんと源さんがステージ上で会話しようものなら私はどうなってしまうんでしょうね…?(知るか)

*1:今年の嵐のコンサートは初めての座席当日発券です。私はこれを1回9000円の座席ガチャと呼んでいます。

二宮担(原作既読)が観たラストレシピ感想

11月3日、記念すべき嵐デビュー18周年の日。

そんな日に、めでたく我らが二宮くん主演映画「ラストレシピ~麒麟の舌の記憶~」が公開されました。

とにかくおめでたい公開初日、舞台挨拶生中継付き上映を2回連続で観てきました。同じ映画2連続したのプラチナデータぶり。あのときも中継が目当てでしたね、えぇ。まぁそのときも思ったんですけど、さすがに15分20分程度の時間が空いたとしても、大好きな人が出てるとしても、連続で2時間の映画観るのはキッツい(爆)でもその分1回目に気になっていたところがすぐに確認できるので面白さもあります。
今、セブンイレブンに行くと店中あちこちに恐ろしい量の二宮くんがいて我々にとっては天国なのですが若干うざったく感じている人もいるかもしれません。

そんなあなたに贈りたい、ラストレシピがちょっぴり観たくなる、そして観た後にラストレシピコラボ商品が食べたくなる、そんな感想ブログ(を目指します)。

 

長くなっちゃったからわかりやすく
目次作ったよ

 

舞台挨拶の話

んで、ちょっとだけ舞台挨拶の話。
1回目中継は上映後の舞台挨拶。観てる私達は1回目だけど登壇してるみなさんはすでに7回目(サプライズもやったから本当は8回目)の挨拶。非常に疲れが出ていました(爆)
二宮くんが登場した瞬間めちゃくちゃざわつく劇場(私達中継先)。おそらく全国の劇場がざわついたんじゃないか…あの…ド派手ストライプスーツの二宮くん…。青魚ばりに服がギラついていたけど…。
我らの代弁者綾野剛さんがしっかりと今日11月3日が嵐デビュー記念日であることを司会者より先に言及され、なおかつ「結成日は9月なんですけども」って言ってもう観てるこっちは大拍手!!!だって二宮くん本人は絶対言わないことだしでもこっちはめっちゃ祝いたいし!!ありがとう剛くん!!!本当にありがとう!!!「劇場をジャックして、さらに、この大切な日にニノをジャックできて嬉しいです」って言ってた綾野剛さんに心から心からの盛大な拍手贈らせていただきました。
↓もうほんとタダのファンでしかないよ、ありがとうありがとう。
綾野剛、大野智の写真に「ぐっときた」 西畑大吾は仲間に涙 | マイナビニュース
上映後なのでネタバレもありということでまた観た時に注目して欲しいポイントをそれぞれが発表したんですけど、二宮くんが言ったのは「料理監修の服部さんが出てるシーン」について。剛くん演じる柳沢と二宮くん演じる充がふたりでカウンターに立って料理をお客様に出すシーンがあるんですけど、そのカウンターの角に座ってお客の役をしているのがなんと服部先生!私も一緒に見た友人も気づいていなくて、2回目のときに改めて気づきました。普通にあ!ってなる。楽しい。教えてくれてありがとう二宮くん。「(服部先生が)ロシア人の美女とデートしてますよ!」とニヤつきながら教えてくれてありがとう二宮くん。
2回目の舞台挨拶は上映前なので短め。もはや竹野内豊がへろへろでしたよ。ふわっふわトーク竹野内豊くっそかわいいな!?!?
1回目舞台挨拶でも二宮くんが話していた「繋げていくこと、繋がっていくこと」のお話をしてました。この映画、レシピで繋がっていくものが、料理だったり、はたまた愛だったり、たくさんのものが繋がっていくお話なんですよね。観ている人たちも何かを繋げていく立場になるかもしれない、そんなことをたぶん話してたと思うんですけどきちんと覚えてません(おいこら)でもめっちゃ良いこと言ってた。
映画を観終わった後、私と友人は星野源の「Continues」をテッテッテーテテ、テテッ♪と口ずさみながら劇場を後にしました。(どうでもいい)

 

二宮くん可愛いね目線で観る
ラストレシピ感想(ストーリーネタバレ無し)

今回二宮くんが演じるのは、天才料理人佐々木充。時代設定は2002年。やったーーーー!!!二宮くんに久しぶりに現代に近い役がきたよーーーー!!しかも今回は死なないし死んでないし未来があるよ!!*1
充くんデフォは鋭い目つき眉間の皺半袖白シャツ(萌)です。
f:id:ars_pfm_193_dx:20171107190608j:image
この鋭い目つき。まるで子犬が威嚇してるかのような!かわいいね~。
劇中で充くんは35歳であることがわかるのですが、一瞬理解が出来ませんでした。幼なじみ、柳沢役の綾野剛は納得できる。もちろん悪い意味じゃないですよ。あぁ、35歳なのね~なるほど~って。実際撮影中の綾野剛は34歳だし。そりゃ違和感ない。でも充くんが35歳って言われると「ファッ!?」と思う。いやでも撮影中の二宮くんは33歳なので別に問題はないし、充くんが万が一、25歳である、とか紹介されてもいやいや無理だろ!とは思う。けど、なんだろう、この違和感。というか充くんの年齢不詳感すごい。
そんな充くん、デフォ通りの性格しています、とっても感じが悪い。ほんと性格悪い。でもそれは料理への情熱ゆえでもあるんです。それを理解して包み込んであげる柳沢。なんかね~最近ずっとコウノドリ熱高いんですぐコウノドリのサクラと四宮想像しちゃってさぁ~~色々とちょうど真逆な部分もあるんだけど関係性同じなんだよ~~~。
2人のシーンが楽しかったと雑誌対談で話していた二宮くんと剛くん。とある2人のシーンでの声が低くて終始不機嫌っぽい充くんが柳沢にぽろっと言う「もういいの」の甘えた声。いやそれ充くんってより二宮和也出ちゃってるから!(萌)って思いましたでへへ。そしてとあるシーンで充くんのことを話す柳沢の、充くんへの友情を超えた家族に近い優しさ、愛。舞台挨拶でも二宮くんに好きを伝えてくれるくらいのその愛、柳沢の優しい微笑みに滲み出てました…。うーむたまらん。
後半、お話の謎、伏線回収が進んでいくと、どんどん充くんの表情が変わっていきます。前半仏頂面だった充くん、表情が変わっていくんです。充くんの人としての小さな成長を二宮くんが表情と目で演じていきます。画面いっぱいの二宮くんのお顔~~~!!!きめ細やかな肌~~~~!!!綺麗な瞳~~~~!!!!

この映画を機に西島さんと二宮くんがすっかり仲良しになったのはもうファン得でしかないと思う。最&高。ありがとう。塩顔パラダイス。そしてこの映画を観終わった後、西島さんと二宮くんがこうして「共演」した運命性を感じるはずです。この世の塩顔を司る女神は僕らに微笑んでくれたよ(?)

 

きちんと真面目に?映画の感想(ストーリーネタバレ無し)

お腹が空いた状態で観ちゃいけない映画です。まさに。料理がとっても「美しく」描かれています。食べることが好き!な人にはたまらないのでは…。個人的に、ジブリ映画がとても飯テロ映画だなって思うんですけど、観終わった後それに似た感情がありました。調理音や咀嚼音が妙に生々しいんですよね。でも不思議と不快じゃなくて、音で食感が伝わってくるんです。サクサク、とろとろ、カリカリ。オムライスのソースの音、ロールキャベツの汁の音、耳を澄ましてききたくなります。
映画中、なんか食べたくて悔しくてとりあえず手元のポップコーン食べるんだけど「これじゃねぇ!食べたいのはこれじゃねぇんじゃあ!!」って心の千鳥ノブが叫ぶ。しかしそのポップコーンが邪魔なくらい静かなシーンも多いっていう…。葛藤が!!!
家族の愛を感じる「泣ける映画」なのか、レシピに秘められた過去を追う「ミステリー」なのか、観る人によって捉え方変わるのかもしれないストーリーです。どちらにせよ、原作は読まないほうが300億倍楽しめると思います(爆)
たぶんTwitterハッシュタグ「#ラストレシピ」で観てもらえばわかるんですが、公式サイトには記載されていない満州時代の楊晴明を演じる兼松若人さんがめちゃくちゃ凄い良い演技してます。*2滝田監督も絶賛の兼松さん。満州のターンで西畑くんと一緒にめちゃくちゃいい味出してるんですよ。あとね、西島さん演じる山形が話す中国語とロシア語!!いや普通に凄いと思うんですよ!!だって劇中、日本語に変えても良いと思うんですよ、満州だし、相手が日本語を覚えてきたって設定で。私には山形という人は普通その言葉を使いこなしてる人に見えました。あと、ロシア人の少年が出てくるんですけど超可愛いです。
正直ネタバレ無しの感想つらい…。この映画「観ればわかる!」が多いんだ…とにかく…観れば分かるんです…(泣)

 

次からネタバレですよ。

 

 

 

思いっきり全力のネタバレありの感想

ここからは既に映画を観た人と共感したいがための感想です。


タイトルが一番最後に出てくるのが!!!!とてもずるい!!!!と思いました。
ラスト、とにかくラスト、充くんが「うまい」と呟いてからのクライマックスの流れがニクい。山形と充、2人から映画を観に来た私たちに、料理を出してくるわけですよ、最後に。ラストレシピ。2人の天才料理人が持つ「麒麟の舌」の記憶。山形はとても嬉しそうに、充くんはとても誇らしげに。
現代パートはあのシーンでクランクアップしたそうですよ。最高かよ。真っ黒な割烹着
で作っていたあの頃とは違う真っ白な2人。そして満州側も、真っ黒な陰謀なんか無いキラキラ綺麗なあの厨房で3人の楽しくて仕方ないという表情で料理を作るあの雰囲気。最高かよ。
映画を観終わった後、NANOXのCMをみて「あっ!!!さっちゃん!!!」ってなりました。何役の子なのかと思ってたら。まさかそんな重要な子役とは…。
f:id:ars_pfm_193_dx:20171107190630j:image
この画像とかめっちゃいいよね…さっちゃんと充くんだよ…ほら…。この2人親子なんだぜ…?この時空超えた感じたまんないよね…って映画の感想じゃなくなってきたな~!
二宮くんってもともと、美味しそうに何かを食べるのが苦手な人なので、オイリオとかデリッシュキッチンとかのCMを見るたびに、頑張って美味しそうに食べる演技してる~~すごい頑張ってる~~~!!とモンペオタク発揮してしまいます。そんな二宮くんの「美味しそうに食べない」ところが充くんにピッタリとハマっていたのが印象的でした。味を考えながら食べてる。柳沢のチャーハン食べるとことかはもうただ普通に普段の食べ方な感じ。あとお金に対して目の色変わるところもピッタリっていうね!!!その役に説得力があるよ←
そういえば途中で柳沢の作るチャーハンがレシピに出てくる「黄金チャーハン」に変わるんですよね!充くんも「味変わった?」って言うし!!あれ、2回目で気づいてそうかー!!柳沢はこの時点でレシピの中身知ってんだー!!って思わず膝バチコーン叩きましたよ!!
あと充くんがロールキャベツの中にある餅をびよーんとさせずに食べるあの技術何アレすごい。出てくる人たち当たり前だけどみんな食べるの綺麗。私いっつも映画館でポップコーン落としちゃうくらい食べ方汚いから羨ましい(直せ)
それと、充くんの中で「この料理の味を認めた」ように感じる表情があって…。ロールキャベツ食べたときと、あと、角煮を食べたときですね。あの表情は「おいしい」「うまい」を言わず、だけど美味しいんだってことが伝わる。あれはすごいなぁ。
満州パートでのさっちゃんとロシア人のあの男の子の演技がとても可愛らしくて好きです。最初は男の子の方が上から目線なんだけど、どんどん仲良くなっていく感じとかかんわいい…それで最終的に鈴木さんの子含めてあの3人は充くんに関わってくるしねぇ~!永遠の0っぽさ。まぁ脚本の人同じですけど。原作読んだときから永遠の0っぽさあったけど。

大まかな話の筋は変わってないんですが、それでも結構原作より結構変えてきた脚本になってました。正直グッと来るシーンが有りつつも泣けなかったのは絶対このせい…。でも原作が正直みっちみちボリューミーなお話だから2時間に収めるとすればこうするしか無かったんだろうな…と思います。というか126分という時間でこれだけド派手さのあるお話じゃないのにするすると観られるのはやっぱりこの映画の凄さなんでしょうけど…でもぉ…やっぱり原作既読勢としては千鶴とか幸の最期が…園長含め、こう…あっけなさすぎるんだよぉ…。原作読んだの大体1年前くらいだからなんか私の記憶が違ってるのかと思って若干混乱したよぉ…まず蒲田と楊さんが分かれてるし…ね…。

あ、そうそう、みんな大絶賛の充くんの「うまい」についての記事もあるからこれも読んで欲しいです。→二宮和也×滝田洋二郎監督、初タッグ作クライマックスで見せた“至高のきらめき” : 映画ニュース - 映画.com

「おいしい」より「うまい」の方が佐々木充ですよね、たしかに。
壮大な物語かと思えば実は一つの家族とその周りの人たちとのとっても愛のあるお話なんですよね。そしてそんな細やかな愛がエンドロールにもあって。
気づきました?最後の!5star!あのデザート、ちゃんと嵐の5色なんですよ!!ちょ、もうみんなパンフレットも買って!!あれに全部載ってるから!!めっちゃオシャレにlaboつって出てくるけど!!嵐になってるから!!!ニヤッとしちゃうね!!!!(5スターって言われるとえびさんが思い浮かんじゃうとか内緒。でもほら、去年のあゆはぴでも「DRIVE」の歌詞の中で”5stars”って言ってるし、うん。ね?)

 

最後までチョコたっぷりのトッポもビックリ、エンドロールまで楽しいラストレシピ。私は、あともう一回は観に行きます。だって前売り券まだ使ってないんだもん!!!!

 

さぁ、ここまで読んでくれた優しいアナタは今日はこれからセブンイレブンに行ってコラボレシピを買いましょう。何にします?私はカツサンド派です♡

*1:ココ最近の二宮くんは既に死んでたり、最後に死んじゃったり、未来に繋がる役が少なかったの…。時代背景も昭和初期だったり、明治だったり、携帯もパソコンもない時代が多かった…。中の人はWi-Fiがないと行きていけないくらいデジタルっ子なのに…。

*2:調べてビックリしたんですけど綾野剛と二宮くんより年上じゃん…!!ええ!!20代かと思った…!!

持てる語彙を全て使い果たす「untitled」レビュー!!!!!

はぁ~~~、肌寒くなりましたね!

もうすぐ冬が来るね~~~ということは…

そう!!今年も嵐のNEWアルバムが発売されましたよ!!
*1

今回のアルバムタイトルは『「untitile」』。リード曲は『「未完」』。
「」もタイトルに含まれるオシャレスタイル(?)なので、公式ではわざわざ

※アルバムタイトルは、カギ括弧(「」)も含みます。「untitile」で作品名となります。
※「未完」のタイトルはカギ括弧(「」)も含みます。「未完」で作品名となります。

 ってめちゃくちゃややこしい、寧ろわかりにくくもなりそうな注釈追加してます。
カッコがゲシュタルト崩壊するわ。

って冗談はさておき、今回のアルバムのキャッチコピーがクソカッコイイんですよね~コレが。
「デビュー18年目、「未完」の嵐。」
18年目で、まだ「未完」という言葉を掲げ、タイトルのないタイトルというアルバムを出すまさに18年目、未完だからこそさらに挑戦をしていく嵐の姿、はいかっこいい無条件でカッコイイ~~~~!!!!
まぁ、ちょっと真面目になると、嵐ってじゃあ挑戦してこなかったの?っていうと全然そんなわけなくて。デビュー間もないころは本人たちの意思が大きく携わる形ではアルバム制作とか楽曲制作をしていたわけじゃないだろうけど、でも、デビュー間もないころから嵐の出す楽曲たちは”ジャニーズ王道”ではなかった気がする。ジャニーズから逸れてたわけでもないけど。*2シングルA面で出す曲はもちろんキャッチーだったり、アイドルっぽかったりしてたけど、でも、いつしかジャニーズなのに攻めている曲を(アルバムを使って)出すことがまるで酸素吸って二酸化炭素吐くみたいに当たり前になったグループのような、気がしています。一番わかり易いところで言うと翔くんの”サクラップ”なのかね。

でもそんなエモめなポエム語り私には向いてないので~… 

いつもの語彙力少なめな流れで「untitled」レビューしちゃうぞ~~!!!というかレビューなんて仰々しいものでもなくただの感想垂れ流しだぞ~~~!!!
私は、すぐ既に入れてるシングル聞き飛ばしてシャッフルで聞きたがるマンなのですが、今回はちゃんと我慢してアルバム収録順に聴き込むって!!決めたんだ!!今回こそは頑張る!!(別に頑張ることではない)

カッコよく音楽用語使ってこの音が~とかここのユニゾンが~とか出来たらいいんだけどそれが相変わらず出来ないの辛い知識欲しい。

 

1:Green Light
作詞:AKIRA・JUNE、作曲:Christofer Erixon・Josef Melin、編曲:石塚知生
最初はやっぱり疾走感大切ですよね〜!!イントロからスパーンと突き抜けてますね〜〜!!作詞のAKIRAさんは、ぱらど*3作った人。あと作詞作曲編曲だともっといっぱい。最近良く見る名前と思ってたらいざなうからのお付き合いだった。長い。
今の嵐っぽさが強い曲ですね。編曲がいつもの石塚さん*4だからかな。某話題レビュー読んで、あっ、EDMなのかこれ!ってなるくらいだった。嵐らしい、J-POP感あふれるEDM。

2:つなぐ
作詞:paddy、作曲:Peter Nord・Kevin Borg、編曲:Peter Nord・佐々木博史
52ndシングル 大野智主演 映画「忍びの国」主題歌
嵐の現段階最新シングルとはいえもう夏からずっと聞いてますからね〜安心と安定感ある。「カッコイイ嵐」の流れ。この曲聴くとどうしても頭の中で無門があの草むらを歩いていく後ろ姿が思い浮かぶというか。これもデカイ映画のタイアップだしいつもの制作陣で、「今の嵐」っぽさのある曲だと思います。音の重厚感凄いからいつもイントロから圧倒されます。ブラスもギターも低音ズンズンくる感じ。それなのにこんなに和の空気が出てるのってなんでなんですかね?サビにうっすら三線入ってるけども。教えて詳しい人〜!リズムがちょっと和太鼓っぽい?のかな…
実はラブソングが少ないこのアルバムで、壮大に愛を歌ってるラブソングの一つ。発売される時”究極のラブソング”って宣伝文句だった。嵐なにかと究極のラブソング歌いがち。忍びの国観てない人いたら是非観て欲しい。文字通り「笑って泣ける」から。なんか映画の宣伝になってきちゃった。

3:「未完」
作詞:JUNE、Rap詞:櫻井翔、作曲:Josef Melin、編曲:佐々木博史
からの〜〜〜〜!!リード曲〜〜〜〜!!勢いそのままにリード曲〜〜〜〜〜!!!カッコイイ嵐が止まらない!!!!プログレ*5作らせたらやべぇ人だと最近音ゲー詳しい人が嵐ファンに教えてくれた、元コナミの佐々木さんのやべぇ編曲によって、やべぇ曲に仕上がってます。
まさに「untitled」のリード。リード曲ってアルバムの曲順関係なく聞く側が最初に触れる曲だと思うんですが、「未完」というタイトルでしっかり完成された「untitled」のコンセプトをこちらに提示してくれてる曲なのかなーと思います。初回の特典メイキングで潤が話してた「未完成」「途中」だからこその面白さ。この、18年目の今このときの嵐というものの面白さ。暗闇から抜けて、時代を拓くってカッコよく上に向かって走ってた嵐。18年目経って、未だ未完成の「I」(嵐)が、時代を拓き、あの頃の夢の先に今いる、このとき。それでも前だけしか見ない、と。んで最後に聞かれるわけですよ、「Do you wanna ride?」って。くぅうううううーーーーー好き。(結論)

4:Sugar
作詞:HIKARI、作曲:iiiSAK・HIKARI、編曲:iiiSAK
爽やか〜!甘い相葉さんの歌声から始まるラブソング。でもここまで続く疾走感ある勢いはそのままというね。Aメロラインから既に遊び心あって好き。こういうの好き。たぶん嵐ファン凄く好き。そうなんですよぉ嵐ってこういう歌を歌えるんですよーー!私のTwitterでも見た限りかなりの高評価でしたよ???シングルでもこういうラブソングやろう??
それにしても、相変わらず翻弄される側なのな…ウワテな君に翻弄されがち嵐。わざと難解漢字使うような歌詞も遊び心あるぅ。1番のサビ前、美味しいパートは自担の二宮くんですありがとうございまーす!!!!!
この歌の主人公は、相手の罠に自主的に喜んでかかっていくのかな…?ドMなの?嵐全体にそういうイメージ無いのになんか似合うよね〜こういう曲。でもファン惑わせてるのはそっちのくせに☆でもカモンって言ってるし最後の方は主人公からねぇ落ちようよって言ってるみたいな…。あと相葉さんのファルセットすき…トゥンク…。

5:Power of the Paradise
作詞:paddy、作曲:nobby、編曲:ha-j
50thシングル 日本テレビ系「リオオリンピック」テーマソング
爽やかさが強くなってきた。paddyさんの書く歌詞が綺麗でとても好きです。あんましCD売れなかったしあんまし話題にもならなかったけど嵐お得意のサビでパーン!と弾ける応援ソング。我らがha-jさんだよぉ〜!!!
ただ、昨年(愛を叫べ)も今年のこの曲も、9月頃にシングルを出すとこうしてアルバムにも入ってくるから1年まるっとくっついてくるんだよね。長いお付き合いになるね。次はDoorsですよね…。こう、なんか、被ってる感は否めない。けど不思議とこのアルバムにぴったりな曲っていうね。
リオ五輪って言うと嵐ファンはこの曲!ってなれるけど世間的には安室ちゃんのHEROだよね…。

6:ありのままで
作詞:Atsushi Shimada・MiNE、作曲:Christofer Erixon・Joakim Bjornberg・Atsushi Shimada、編曲:Atsushi Shimada
壮大な応援ソングから、等身大の応援ソングへ。ここまでの肩の力が抜けてホッとする感じ。ふぅーー。ちょ、一旦コーヒー入れよっか?ってなる。うちにコーヒーないけど。かっこいい嵐も当たり前に好きだけど、大人の余裕にじませちゃえるような緩い嵐ももちろん好き。
タイトル見るたびに別の曲思い浮かぶけどまぁそれはいいや←

7:風雲
作詞:IROCO-STAR、作曲:Erik Lidbom・Simon Janlov、編曲:metropolitan digital clique

い、いきなりロック…!?ふぅーってコーヒー飲んでる場合じゃなかった!!って慌てて立ち上がっちゃう。去年のboleroっぽい立ち位置ですかねぇ〜サビ頭のはんずあっぷで無条件に手を上げたくなります。サビ前にぇーーって上がる智の声〜〜〜(号泣)
かかってこいって言ってて、なんだか余裕があるんだよね。「untitled」くんは、恋とか愛には慎重だけど、戦うときは男が出てくるタイプですね(なにいってんだ)

8:I'll be there
作詞:Goro.T、作曲:Fredrik "Figge" Bostrom・佐原康太、編曲:佐原康太・metropolitan digital clique
51stシングル 相葉雅紀主演 フジテレビ系ドラマ「貴族探偵」主題歌
ここで満を持してのあいるびぜあだーーーー!!!うおあーーーー!!!!!アルバム前半で!!シングル2曲がすでに流れたあとの!!!ここで!!この終盤に差し掛かるタイミングで!!!残された最後のシングルが!!!御前様が!!!キターーーーーー!!!!と、沸き立つこの感じ伝われ~~。この曲のイントロの満を持して感がとても好きです。あっ、おいこら!だれだ!だからいっただろう!あのイントロ振りはスタイリッシュ湯切りでもスタイリッシュじゃんけんぽんでもないぞ!!
この曲順だと本当に奥から御前様が椅子から立ち上がって歩いてくる絵が思い浮かぶ。1曲前の風雲で女探偵さんに喧嘩売られた御前様が、はいはい、って言いながら不敵に笑って近寄ってくる…絵が…浮かぶッ!!

9:抱擁
作詞:ORI、Rap詞:櫻井翔、作曲:Victor Sagfors・Peter Boyes・Caroline Gustavsson、編曲:吉岡たく
タイトルのイメージと違う…!サビの後ろでキラキラしてる。完全に一夜の火遊びですよ〜。年上女に惑わされるのを愉しんでた4曲目Sugarくんは気づいたらクラブでいい女にするっと寄って腰を抱いちゃうような男になってましたね…。←
あいるびぜあの流れで考えると大人な色気と余裕を持った御前様のアバンチュールの歌にも感じるから楽しい。アウトロなくスパッと終わるのが気持ちいい。後腐れないアバンチュール。

10:Pray
作詞:IROCO-STAR・村松裕子、作曲:Erik Lidbom・wonder note、編曲:Erik Lidbom
冬のうたですね〜。相葉さんスタートのバラードは歌の切なさ倍増。暖かいココアいれたくなるね。ココアもうちにはないけども。全体的に智の声が強い。あれだけ挑戦的だったりオラオラしてたりしたのにここで1歩立ち止まっちゃうような、でも先は見てるよ~っていう雰囲気ですね。あいるびぜあからの大人な流れが続いてる。

11:光
作詞:Komei Kobayashi、Rap詞:櫻井翔、作曲:久保田真悟・KOUDAI IWATSUBO・佐々木久美、編曲:久保田真悟
光が!!差した!!ちょっと薄暗かったPrayからの流れに!イントロでふわぁあーーーっの光が差したね!!ゴスペル調?のコーラスがさらに華やかというか明るい感じにしてくれるから一気にパァーッとなるね!この曲も智の声が強いな〜、大宮の声が強いのかな。コンサートの本編ラストに似合いそうな曲。

12:彼方へ
作詞:RUCCA、作曲:TAKAROT・iiiSAK、編曲:TAKAROT・河合英嗣
徐々に、徐々に、明るく、そして壮大になってきましたね…次曲への布石が着々と…。パワパラよりもオリンピックに似合いそうな曲だなぁ。もしくはJALのCMのような…。サビが一気に明るく抜けるからかな?
翔さんソロが「音楽がコトバ以上/真心(こころ)伝うこと/幾度となく見てきた」って歌詞なのがずるい〜!!!コトバを音楽にのせるあなたがそれいうのほんとずるいよ〜!!!

13:Song for you
作詞:市川喜康、作曲:Simon Janlov・wonder note・Kevin Charge・Erik Lidbom・SHIROSE・山下康介、編曲:山下康介

嵐としては初の試みとなる組曲。 10分以上の尺の中に様々なジャンルの曲調が組み込まれており、嵐の過去、現在、未来を感じさせる壮大な楽曲になっているとのことである。

はい、来ました、ついにこの曲が。まさに壮大なイントロ…もうこの時点でどんだけお金かかってんのこの曲…ってなる。オケ?の音がすぅーって終わって大野智の美声から始まるの罪。ホント罪。

軽やかに小さなピアノの音から始まる第一章。嵐の始まり!「突然のCruiser」に本当に突然クルーザーに乗ることとなった、突然嵐になることとなった、相葉さんソロからスタート。ここね…歌割りが二宮相葉なんですよね…これがね…DISC2に行くわけですよ!にくい!にくいぜ歌割り!!ここのジャジーなリズムすごい好き。
ここでちょっと大人になるというか、低音のストリングス?が入ってきてちょーかっこいい。「見上げる無数のバルーン」という歌詞でファンは10周年とか国立が思い浮かぶと思うんですけど、共通認識としてこの歌詞だけで想像できるのってすごいと思いません?ここの10周年くらいのパートがねー、また歌割りが櫻井松本なわけですよ!!これがね!!DISC2に!!!カーーーッ!!にくいわー!!
そして華やかなパートが少し落ち着いて、15周年へ…。「そしてもう一度/降り立ったこの楽園(しま)で」でここで15周年のハワイ記念ライブが思い浮かぶわけですよ。嵐とファンのまたひとつの共通認識。そして忘れない「You are my soul 」と続くわけですよ…。ここでひとブロック終わると、10周年ゾーンで出てきたこの歌詞が。

出逢うべくして出逢い
感じるべくして感じた Wonders!
まだまだ物語の途中さ Yes

出逢うべくして出逢い、感じるべくして感じた運命のような不思議、それが嵐という5人。10周年を超えてなお、15周年を越えてなお、まだまだ物語の途中って言ってくれる。先を見続けてくれる。
(ただその次にある「繋いでいこうよ/最高のFinale」って歌詞にウッとなる…そうだよね、それでもいつか終わりはあるんだもんね…)
そしてここから今の嵐、そしてこれからの嵐へ…。振り返ると歩いてきた道があって、「目を閉じればそこに/聴こえてくる/やわらかなYell」からの部分はコチラ側、ファンと捉えて大丈夫ですかぁああ(号泣)
さぁ、そして!!ここからグランドフィナーレですよー!!ディズニーでいったらもうばっこんばっこん花火上がるところです!!!大サビ!!!ここで最初のあのメロに戻るのグッと来ますね…。
この曲を一番最初に聞いた時、始まりの歌詞が

ありがとう 君といた すべての奇蹟に
同じ景色を 同じ想いを
抱きながら歩いてゆこう
いつの日も 僕ららしく Get Started

だったんで、この歌にとっての「You」は嵐なのかなって思ってたんですよ。でもこの曲ラストになると「Get Started」「be with you」になるんですよ。

ありがとう 君といた すべての奇蹟に
同じ景色を 同じ想いを
抱きながら歩いてゆこう
いつの日も 僕ららしく be with you

たったこの一言だけで、この歌詞が聴いてる人への言葉に変わるんですよぉぉおおおお!!!もちろんそのままメンバーからメンバーへの思いとして捉えることだって出来るんですよ!ええ!でもね!これはね!コチラ側、ファンへの言葉と捉えて大丈夫ですよね!!!!(2回目)
そして「This song for you」と終わるわけですよ…。もーーすごいよね、この歌。アウトロまでぎっしり詰まってる。最後までチョコたっぷり。トッポもびっくりだよ。

この曲を聞き終わって、DISC1を聴き終わったことに、11分以上の長尺であるはずの組曲を既に聴き終えていることに、気付くわけです。初めてだったよ、アルバム聴いて聴き終わった後に拍手したの。心がスタンディングオベーション

いやぁ、なんでこんなに嵐って尊いんだろうはぁああああなんでだろうあああああすきぃぃぃいいいってなりません?私はなりました。あなたもですかそうですか固い握手交わしましょう。5×10初めて聴いたときみたいなこの気持ち。あぁ、このグループのファンでいれてよかった。なんやかんや色々あるけどそれでもよかった。もうすべてひっくるめてありがとう…。と心が一気に清らかになれる、そんな楽曲でしたありがとうございました(深々)

でね、出来ることならね、ここでDISC2にはすぐ行かないで欲しい。なんか、一晩くらい余韻に浸って欲しい。なんでかってね、それくらいインパクトがものすんごいから!!!この先!!!!

はい、では行きます。次が通常限定のDISC2
ユニット曲が4曲、そして嵐のオリジナルアルバムではよく収録されている緩めの盛り上がりソングがボーナストラックとして1曲。
私の中でコンサート本編(DISC1)が終わってアンコール(DISC2)に入る気持ちで聞きました。アンコールはおまけじゃねぇぜ…アンコールこそ俺らが求める嵐なんだ…。いやむしろこの記事的にはこっからが本編だから!!!!

1:バズりNIGHT - 相葉雅紀大野智櫻井翔
作詞:多田慎也、作曲:A.K.Janeway・多田慎也、編曲:A.K.Janeway
多田慎也さん*6が帰ってきた~~~~~!!!!やった~~~~~~~!!!!
曲が始まった瞬間、聴いてる人全員が思ったことでしょう…
「ちょwwwwwなんかいきなりパラパラが始まったんですけどwwwwwww」
Song fo youでアレだけ綺麗にまとめておいてのこれだからね?しかも歌ってんの年上3人っていうね!!!もともと「イケメンお兄さん系の大人セクシー(by櫻井翔)」な曲をやろうとしたけど断念して、他のユニット曲を加味してこの路線になったって、なにそれ大成功じゃ~ん!!いやでももちろんこの3人の大人セクシーもみたかったよ?
作詞のA.K.Janewayさんって…って思って調べたらディスコスター作った人だったわ流石っす!!!!もう無条件でぶち上がるど真ん中アッパーチューンですね。歌詞の意味の無さかなりヤバイ(ヤバイ)。
この曲聴くと車に「バックミラーににおいするやつぶら下げてブラックライト付けたくなる(櫻井談)」「ココナツの匂いつけたくなる(相葉談)」らしいですけどたぶんそれお二人さん、”バズる”ってよりただの”パリピ”、しかもちょっと古めのパリピっすよwwwwところで大野さんはバズるって意味知ってるのかな(遠い目)
ウォークマンでシャッフルとかかけてて、この曲のイントロ流れ出した瞬間に笑いこらえるの大変なんですけど!途中で大野さんの「アンビーリバボォー」とか入ってくんのホントやめてお腹抱えて笑いそうになる!!去年のBad boyから完全に味をしめてやがる…!w

2:夜の影 - 松本潤二宮和也大野智 
作詞:Funk Uchino、作曲:MLC・Soma Genta、編曲:Soma Genta・Captain B
うっ…!(始まりの二宮ソロに心を撃ち抜かれた模様)
二宮くんにこんなえっちぃ歌い方教えたの誰ですか!え!自主的にこの歌い方してるんですか!なんなんですか!エロい!!(大声)
もともと踊って欲しいっていう依頼の元、ダンスナンバーで考えていて、アップテンポなナンバーになるはずだったと。しかし結局のところ、枠が空いた「大人セクシー」になったと。去年のWONDER-LOVEとかソロ曲の雰囲気から考えて、どうやら二宮くんはこういうダンスナンバーにちょっとハマってるような気がするんですが…?
歌の感じというか、やっぱりどうしても大野智の歌唱力圧倒的なので末ズ+大野智というユニット、そういう歌、って感じがするのですが(もちろん良い意味でだよ!)こんなに声の相性がいいなんて知らなかった。というか大宮+松本潤という風に捉えて聴いてもしっくりくる。大野智二宮和也も、大野智松本潤も、相性がいいのは知ってたけど。意外と末ズ二人っていう組み合わせの歌声がこうぴったり来るのを私は知らなかった。新たな発見。ありがとうユニット。
聴いてる感じ、すごく、あのー、私の中で三浦大知が踊りだしました。6人位のプロダンサー後ろに連れて、三浦大知が踊ってます。伝われ。*7
そしてみんな、朗報だ。智の振り付けだってよ。やった!はい!勝訴!決まり!勝った!これは勝った!ダンスナンバー!いいか、よく聞いてくれ…松本と二宮のダンスの相性はな………抜群だ!!*8やった!ありがとうありがとう!!そこに二人の癖を知り尽くしたジャニーズ随一のダンスの上手さを誇る我らが大野智が振り付けするんだ!そして3人で踊るっつーんだからこれもうあれです、あれですよ、あれ。うん、勝った。(お気付きの通りすでに曲のレビューではなくなっている)

3:UB - 相葉雅紀二宮和也
作詞:ASIL、作曲:Samuel Waermo・Stefan Ekstedt・Didrik Thott、編曲:佐々木博史
曲名が発表された時、みなが思った、UBって何の略だ…?」という疑問を持ちました。試しにUBってなんですか?とGoogle先生に質問すると「ユニットバスです」と返ってきます。そしてみんないやいやそんなわけ~!!曲タイトルがユニットバスて~~!!と笑い飛ばしました。では、2番の歌詞の一部を見てみましょう。

でも考えたら 君はいつだって
熱いシャワーでみんなをほら包んでる

いや君こそが 大きな心さ
小さなこと 水に流してくれる

ユニットバスがテーマでした!!!*9
でももちろんそんなユニットバスのことオシャレに歌い換えた曲なんてそんな軽いもんじゃないんですよえぇ。今年で出会って21年にもなるこの2人の関係性がこんなにもユニットバスとリンクして俺らおたくを泣かせる歌になるなんてもう誰が想像できたのだろうか!?!?だいたい曲の冒頭で二宮くんが「Listen…」っていう時点でやばい。「あいばくんはすごい。あいばくんはえらい。」「あいばくんみたいなお坊さんに、法事とかやってもらいたい、俺が死んだらね」など発言して相葉担TOPとも言われるまでになった二宮くんが自分と相葉くんの歌の最初にきいてって囁くんですよおたくたちはもう「わかった!!!!きく!!!!!いわれなくてもきくけどさ!!!きくよ!!!!!」ってなるんですよ。(ってか二宮くんいつも聞いてもないのに突然脈略無く相葉くんの話をしだすし、まぁなんか曲冒頭でりっすん言われるのもある意味ぴったりといいますかなんというか)そんで曲の最後は相葉くんが「君のとなり」って歌うんです。よかったね二宮くん!
ジャニーズという大きな枠の中に存在する様々な尊いものの中でもっとも尊いんじゃないかと思える概念そうそれがシンメそんな尊いシンメの中でも有名なにのあいがね、歌ってるんですよ。聞いてよ、って。そんで「離れたとしても僕らはひとつさ」「肝心なとこで一緒だって分かる」「付かず離れず今日もまた君と並んでる」「君のとなり」「君と並んでる」って歌うんですよ????あーーーーーーーーーーーーー尊いしか出てこねぇーーーーーーーー!!!尊いわーーーーーーーーーーーーー!!!ジャニの全シンメ歌うべきじゃない?この歌…。
編曲は我らがやべぇ人佐々木さん。間奏のファンファーレのような華やかなホーン最高です。普段あんまり聞けないけどユニットだからこそ聞けるにのあいのサビのハーモニー。声の相性の良さ。二宮くんがメロ、相葉くんが上ハモですよね、超珍しくない?これが後半で二宮くん下ハモ相葉くんがかなり低音メロ歌うときも鳥肌。オタク心くすぐりすぎ。で!!!!最後!!!!これだけ散々綺麗にハモってきたのに!!!ニゾンの大サビ!!!!はっ、たまんねぇ~~!!ここで私はこの曲のユニットバス擬人化感、そして2人のこれまでの関係性、相性の良さ、それらが頭を駆け巡り、こう思いました。あ、にのあいって…、ファンタジーだったんだ…!と。

4:Come Back - 松本潤櫻井翔
作詞・作曲・編曲:田中直、Rap詞:櫻井翔
UBであれだけおたくをほわっほわにしたあげく、キュイッと翔潤の世界に連れて行かれた。かかっかっかか、カッコイイ…イントロでわかるこれカッコイイやつ。
「作詞・作曲・編曲:田中直、Rap詞:櫻井翔っていうのと全く同じものが、過去に一曲だけ存在するんですよ、知ってます?嵐の楽曲の中で私の中の永遠不動第1位「let me down」*10って曲なんですけどね!!!!!何が言いたいかってつまり最高の布陣であるということです。櫻井翔のラップが映える映える。
この「untitled」というアルバム、このコンセプトを引っ張っているのはメイキングでも分かる通り確実にこの2人であるわけなんですが、そんな二人が嵐、ひいては二人のこれまでのことを踏まえて、そして今の二人の中の世界観で、かつ、「untitled」というアルバムの中で、おたくに「で?どう?これがいいの?」って言ってきてるふぅぅぅううううそうですこれがいいんです!!!!
この曲は15年以上前から二人を知る人たちへの歌でもあり、今この「翔潤」が好きな人たちに贈ってる歌でもあるような気もするのですがいかかでしょうか翔潤スキーのみなさん…。なんかね、二宮担だからどうしてもこの歌のことあんまりあれこれいうのも烏滸がましくってね…。

5:カンパイ・ソング (ボーナストラック)
作詞:halmelnuts、作曲:Kehn Mind、編曲:河合英嗣
最後の最後にみんな大好き嵐からのみんなだいすきわちゃわちゃソングのプレゼント!!!!まさにボーナスなトラック!!!!全くお前ら◯◯・ソングって歌を作りすぎだぞ!!けしからんいいぞもっとやれ!!!!!!!
キリン一番搾りの広告塔を終え、いつのまにやらしっかりお酒イメージもついた30代半ばのおじさん嵐が歌うわっちゃわちゃのお酒ソング最高ですね!!!!お酒大好き人間なのでこういう曲ほんと待ってた。今のご時世、ファンもお酒飲める年齢にみんななってきましたから~ライブ終わりとかファンも打ち上げしてっから~!そんなときに最高にぴったりな曲をありがとう~~!!!!
「そう恋の話が好き/それ誰のウイスキー?」という2番の歌詞がとても好きです。語感がいい。きもちいい。みんな話を聞いてるようで聞いてなくってお酒飲んでるのが飲み会ですから。ウイスキーとかハイボール苦手なんだけどこの歌聴いてると飲みたくなる。私はビール大好き人間で、ずっとビール飲んでいたい人なので、最初に相葉さんに「ビールの人~?」って聞かれるところ全身全霊全力の「はーい!」が返せる自信があります。
でも、すごくテンションが上がるし楽しい歌なんだけど巡り巡って泣きそうになってくる。特に5人の綺麗なユニゾン

明日はまださ 先のほうさ

って歌われるなら、ライブで泣き笑いするぞマジで。コンサートって誰のコンサートでも本当に特別な空間で終わりを感じる時に「終わりたくないっ!!」って思って。でも、明日があって、仕事があって。そんなときに嵐に明日はまだ先のほうだよって言われァァあああああああああああ(泣いてる)嵐ファンで良かったです(つきなみ)
あのね、私の好きな歌でね、「バイバイ」って歌詞が出てくる歌があるんですけどね…*11、あのね、ライブでね、バイバイってね、歌われるとね…こうね、胸がぎゅっとなるの…!!全力でまた会おうねって気持ちを込めてバイバイと手を振り返すけどね、でもやっぱりこの楽しい時間には終りがあることを感じるというかでも、だからこそそのライブという時間のかけがえのない一瞬の楽しさを心から噛み締められるというかとにかく「次があるなら まあいいっか!」って思うしかない。でも嵐に次があるならって言われたら根拠はないけど次がある気がする。うん、頑張る。でも本音は「〆たくないな~」だよ(泣)飲み会の楽しさとライブの楽しさがぐるんぐるんしてくるなんともほら、明るいのに切なくなってくるでしょこの歌…それに…この曲が終わればこの「untitled」も聴き終わってしまうんだよ…。あぁ、もうほんと明るく楽しいのに泣けてくる。

 

以上、持てるボキャブラリーを全て使い尽くして書いた私のuntitledレビューでした。ココまで1万2千字超えてますよ頭おかしいぞ自分。←
ここまで読んでくれた貴方様、長々とお付き合いありがとうございました…ほんと。

正直ファンの間では近年まれに見る中々の賛否両論アルバムだなぁと思います。主にユニット曲云々ですけど。でも、私個人はとても好きなアルバムです。前作より好き。でもごめんJaponismの方がもっと好き(爆)
いい意味で「ここ最近の嵐のシングルにカップリングとして収録されていそうな楽曲が多いな」と全体的に感じましたが、みなさんはいかがでしたかね。きっと普段嵐を聴かない人が聴くと新鮮味と意外性のあるアルバムに感じるのではないかなーと思います。一応嵐ファンやってる私とすれば、今の嵐が「untitled」というコンセプトの元、綺麗にまとまって表現されているアルバムなのかな、と思っています。「今」の「18年目」の嵐になにかタイトルをつけろと言われても難しいですもの。でも、先に進んでて、20周年が近くに見えてきていて。
組曲とか、いっぱい新しいこと挑戦してる嵐。色んなジャンルの音楽をしている嵐。でも、実はそれって意外と嵐はずっとやってきたこと。18年かけてやってきたこと。なんとなぁくこのアルバムを手に取った人に「お?意外と嵐カッコイイことやってんじゃん」って思われてたら、うれしいですねぇ…。

主に潤くん、そして翔くんが引っ張ってこの毎年アルバムからコンサートという流れの中でいろんなエンターテイメントを作ってくれて、魅せてくれる嵐だけど、もちろん残りの3人がそれにただ引っ張られてるんじゃなくて、5人横並びの信頼によって作られてるわけですよね。初回の特典はある意味まさに『「untitled」』というものの「メイキング」なんだなーと。そしてメンバーがこうして毎年できることは当たり前じゃない、ありがたい、と誇らしげに嬉しそうに話す姿………ホント嵐って最高だよね…。松本潤の創造力はホントすげえよ。それを普通に体現する嵐ってやっぱほんとすげぇよ。

 

今年も、ありがたく友人たちの恩恵に預かり、札幌に飛びます。初日、どんな形の「untitled」が見られるのか…。ホントめちゃくちゃ死ぬほど楽しみです!!!

 

「untitled」(通常盤)

「untitled」(通常盤)

 

 

*1:初動50万超え売上って恐ろしくない…?だってMステ1回出演ぐらいしか表立った宣伝してないよ…?ってか上半期シングル売上で嵐の中で1番上の「I'll be there」が40万ちょっとしか売れてないのにアルバムすげぇ売れてるしココ数年の中でダントツだよ?どうした嵐。何があったんだ。それだけ評価されてるってことなのか?そうなのか?わーいわーい!それはとっても嬉しいねわーいわーい!

*2:ジャニーズだからこそジャニーズという路線にきちんとのるべきかっていうとそうじゃなく。そこからすこしずれたところにも行くけど、それがジャニーズに所属する中での個性になる。個性を出しても大きく離れるわけじゃない。これこそジャニーズの醍醐味であり、掛け持ちと呼ばれるひとたちが増えていく所以…なの…かもね…まぁ結局のところわからんけど(おい)

*3:2013年「LOVE」リード曲「P・A・R・A・D・O・X」

*4:最近のシングルだと「GUTS!」「Bittersweet」「I seek」

*5:

プログレとは (プログレとは) [単語記事] - ニコニコ大百科

*6:嵐ファン永遠のカップリング曲NO.1「still…」の作詞作曲は多田さんです!!!!

*7:Twitterでこの曲の作曲が三浦大知の曲もやってるって見かけて調べたんですけど私は確認できませんでした。うーん、どの曲の話だろう…。と言うか寧ろ1曲目「Green Light」のAKIRAさんのほうがめちゃくちゃ三浦大知に楽曲提供してる。

*8:もし気になる人がいた是非ハワイのコンサートで雨の中踊るP・A・R・A・D・O・Xを観て欲しい

*9:この人達今年のワクワク学校でずっとこれの話し合いしてたらしいけどお前それ確実に二宮くんのうんこの授業に影響されてるじゃねぇか…。

*10:2010年発売「僕の見ている風景」収録

*11:星野源「時よ」

ジャニーズの曲はアニソンによって自然と刷り込まれていたことに気づく。

 

この間の日曜アメトーーク、観ました??
平成のアニソンと昭和のアニソンを紹介してましたよね~、キスマイの宮田くんも出てましたよね~~。昭和には昭和の良さ、平成には平成の良さがあるよね!とかいう平凡な感想しか持たない企画でしたが、まぁ、でも、途中で気になるワードひとつありまして。

「有名アーティストはだいたいアニソンとタイアップしてる」と。

言われてみれば確かに…と思いました。それこそ昭和*1も平成*2も「アニソン歌手」と呼ばれる方たちはいますけど、「アニソン歌手」とは言われない人たちも、ふっつーにアニソン歌ってる。平成は特に。
近年、深夜アニメとかは合間のCM観ていると、こんな新人アーティストいるんだ~こんなバンドあるんだ~へぇ~、あ~!あのアニメの主題歌か~!このアニメのOPのこのバンド、アルバム出すのか~!へぇ~!なんてのも多い気がします。アニメと音楽はとっても密接。
「アニソン」ってくくられて変に偏見持たれることもあったりするけど、普通に、アニメの主題歌っていうのはドラマの主題歌と同じ立ち位置でいいのではないかと思います。ちびまる子ちゃん、しんちゃん、コナンとか、長年やっている子供が大好きな有名アニメならそんな偏見持たれないのにねぇ?ついこの間は、桑田佳祐さんのちびまる子ちゃんの主題歌の話が話題でしたよね。しんちゃん、ドラえもん、コナン、とかは毎年映画の主題歌も有名アーティストだし、話題になる。
それこそアメトーークで言ってたみたいに最近は声優さんが歌うものも多いけど、もちろん良い曲がたくさんあると思うんですよ。なにそれぇ、しらなぁいで終わるのはもったいない曲ばっかりだと思ってます。

で、私、ふと、嵐を好きになって、ジャニーズの曲を聞くようになって、気付いたことがあったんです。

意外とジャニーズの曲は「この歌、知ってる!聞いたことある!」が多いな、と。それは、歌番組で歌ってたのを観たことがある、ではなく、十中八九、これあのアニメの主題歌だ!って曲ばかり。小さい頃って親とか兄弟が聞いていた曲を自分もよく聞いていたので覚えてるってことが多いと思うんですが、私の家はジャニーズを聴く家庭ではなかった。だけど、覚えてる、知ってる曲が多々ある。そう、つまり、完全にアニメのおかげ。

 

さぁさぁ、長い前置きは終わりだぜ、諸君。

今、ジャニオタになった君も。昔からジャニーズ一色だった君も。今もジャニーズには興味がないという君も!!!
現在20代前半組、特にジャニーズを小さい頃そんなに聞いてたわけじゃないよ~タイプでも知ってる、あのアニメのあのジャニーズの曲、これからいくつか挙げてくからね。

みんなで楽しくあの頃思い出そうぜ!!小学生くらいの頃を!!!懐古って楽しい!!!

(ただ、私、ちょっとだけ、ちょ~っとだけ、周りと観ているアニメにズレがあるタイプなので”あの曲入ってないじゃん!”とかあると思います。いや確実に皆さんの中であると思います。そんな方はぜひご自身で発信してください。はてブロとか書いてくれたら観に行きます。いっぱい☆押しに行きます。あ、あと順不同です。)

 

1:嵐「ナイスな心意気」こちら葛飾区亀有公園前派出所
2002年。嵐はデビューして3年目。
別に嵐が売れてる頃じゃないけど、この頃こち亀観てた人はなんとなく覚えてるしなんとなく知ってるなんとなく歌えるのではないでしょうか。当時はスーツで七三ビジュアルのアラシ名義だったとか、実は嵐もちょっとアニメに出たとか、私はそういうの全然覚えてないです(爆)
今思うとほんわり夕方に家族で観るアニメの主題歌の割に超オシャレな楽曲だし、でも歌詞の「今が全てじゃないから/あんまりムキになんなよ/ウソもつくしインチキしても/誰かを助けてる/たまに」とかとってもこち亀両さんに合ってる歌詞。
私はこうして嵐の曲を幼いころに刷り込まれていたことに5×10聞いて気づきました。ナイスタイアップ。

2:KinKi KidsKinKiのやる気まんまんソングちびまる子ちゃん
2000年。約10ヶ月程流れていたようです。ほんのり覚えてる。ほんのり。
作詞はちびまる子ちゃんなので、さくらももこ先生。さくら先生の歌詞はまる子の世界観が如実に出てるところがとても好きです。「ラーメン食いに出かけよう」なんてワードが出てくる歌をめっちゃ爽やかに踊りながらKinKi Kidsが歌うっていうジャニーズ感とさくら先生の個性のぶつかり合いみたいな曲ですよね。
調べてみたら、KinKiのアルバムには収録されていないらしく、今聞くならシングルかちびまる子ちゃん主題歌のマキシアルバム?でしか聞けないようです。プチレア曲。
普段KinKi Kidsよく聞きます!じゃない人が、あ~、聞いてみたら知ってるわ!覚えてるわ~!ランキングがあったら上位確実だと思います。そんなランキングないけどね。

3:タッキー&翼Crazy Rainbow~ワンピース
未来航海」という曲もありますが、私はこっちのほうが好きです。2007年。10年前なんですね~もう少し古い曲だと思ってました。
「僕ら堕天使/夢に矢を放つのさ」という歌詞が死ぬほどカッコイイなって当時思ってました。アコギイントロからサビの壮大でブラスかっこよくて、重厚感のある感じがワンピースにピッタリ。とっても素敵な編曲だなぁと思って調べたら我らがCHOKKAKUさん編曲だった!!!さすが!!!*3
サビの英語歌詞の語感とメロディが気持ちいい。個人的には歌詞がとてもオシャレだけどもどこか主人公ルフィの気持ちを歌っているようにも感じるので、歌詞をよく見て欲しい。夏に聞きたい曲ですね。

4:V6「CHANGE THE WORLD」犬夜叉
犬夜叉そんな真剣に観てなかったけど覚えてる。この曲は2000年。
犬夜叉だと「Brand‐New World」も歌ってたV6だけど、調べたらその他にもカミセンとトニセンでも、もちろんV6としても、めちゃくちゃアニソン歌ってる。アイシールド21のやつとか歌ってたんだね…びっくり。すごいタイアップ曲数の数だし、下手するとジャニーズでアニメタイアップ曲が1番多いんじゃないかな??さすがエイベたん*4…!!
まさにアニメ主題歌らしいカッコイイ歌詞だなぁと思って調べてみたらavex系を多く手がけてた松本理恵さんという女性の方でした。

5:「勇気100%」忍たま乱太郎
この曲を挙げないわけにはいかないでしょう!!!!
初めてのリリースは1993年の光GENJI。生まれてないや、私。
我々の世代はおそらくYa-Ya-yahの勇気100%ですよね。2002年。
でも当時メンバーが誰とか、というかジャニーズJr.の人たちで、とかそういうの全く知らなかった。ここらへんのジャニーズの背景は知らない。でも今年やぶひかががジャニアイに出たのは知ってる。最後が10年前だもんね。たとえ詳しくなくてもその事実がどれだけ尊いことなのかはじゃにおたの端くれとしてひしひしと感じてはいます…また話が逸れました。そのあとにJUMP、NYC、セクゾ…とまた受け継がれていったわけですが、光GENJIからYa-Ya-yahまでの空白の9年間が謎だなぁって思ってます。

6:Ya-Ya-yah世界がひとつになるまで忍たま乱太郎
個人的には勇気100%よりこっちが好き。どちらも、作詞松井五郎・作曲馬飼野康二という黄金コンビ!!!ああああありがとうございます!!もはや感謝の言葉しか出ない黄金コンビですねありがとうございますありがとうございます!!
この曲はEDでしたね。勇気100%のカップリング。

つらいとき ひとりきりで
涙をこらえないで

世界がひとつになるまで
ずっと手をつないでいよう
あたたかいほほえみでもうすぐ
夢がほんとうになるから

えっ、改めてだけどなにこの歌詞すっっっごいあったかい!!!曲もすっごいあったかいですよね!!!!!EDにふさわしいしっとりバラード!!!!夕方に流れるアニメだしちょうど夕方、日がオレンジになる頃流れてたわけだけどその時間にぴったりすぎるよね!!!!!なんだこれとんでもない名曲かよいや名曲だようん知ってた!!!!

7:関ジャニ∞「桜援歌」忍たま乱太郎
はい、また忍たま乱太郎です(爆)
これは2005年。エイトがデビューしてまだ2年だったんですね~。
「桜咲いて春が来ました/喜び咲かせます/いつか風に散っていきます/だから生きるのです」っていう、演歌・歌謡曲路線だったエイトのなかなか渋め歌詞を、当時の私は理解できていたのだろうか…??その前の部分も歌詞のストーリー的にいなせに決めた男が女の子を落とそうとしたものの…みたいな歌詞だからね。2番も「チョイトほろ酔い気分で/あの娘に近づいたけど」ってなかなかな歌詞ですよね。
「花吹雪キラキラ/儚くてキラキラ」あたりの独特のリズム、メロディがとっても頭に残ってます。さすがは馬飼野康二先生…!
歌に関しては忍たま要素ゼロなところが忍たまの歌の特徴ではあるかもしれない。もちろんそういうところが良さですよ。だってまず忍たま要素入れる歌って言われても作るのちょっと大変そうな気がするもんね。ポップな忍者感ある歌かかないといけないね。ポップな忍者ってなんだよ。

 

7曲、挙げてみました。中途半端だな~(爆)
ジャニーズを追わず、歌ってる人が誰とか考えずとも、アニメを観るというだけでふと自然に刷り込まれてたジャニーズの名曲たち…。なんならアニメで流れる曲って、1年くらいずっと流れたりもするからドラマ主題歌とかより長い間毎週聴くことになったりして、歌詞見なくても歌えるようにまでなるもんね。アニメタイアップってとっても大事なのかもしれない。
今の小さい子たちはアニメ的には関ジャニ∞ジャニーズWEST、SexyZoneあたりが知らず知らずに刷り込まれてるジャニーズになるんでしょうかね…?
これからのちのち大きくなって私みたいに「え!この歌って!あ!知ってる!!」ってなって行くんだろうなぁ。面白いなぁ。これから先に繋がるような気がしますね…。

 

最後にまた余談になるんですけども。
私、クレヨンしんちゃんガチ勢なんですよ。*5
でね、しんのすけって「嵐を呼ぶ5歳児」っていう紹介をよくされるんです。だからいつかジャニーズの嵐を呼んでくれないかなぁってずーーーっと思ってるんですよ。2012年に、まさか嵐じゃなく関ジャニ∞が呼ばれるとは!ってT.W.Lとイエローパンジーストリート出した時に思いましたよ。いや、嬉しかったですよ、T.W.Lとかすごい好きだし。でもね、そろそろ、ねぇ?そろそろ嵐呼んでほしいなぁ??って思ってるんです。

うん、「で?だからなに?」って感じの余談だね…。私もそう思う…。

*1:有名なのはやっぱり水木一郎さんかな?

*2:最近の人だとMステで観て印象に残ってるLiSAさんとか藍井エイルさんとか

*3:ジャニーズの多くの名曲をつくった編曲家さん。一部例をあげるならSMAP「オリジナルスマイル」「青いイナズマ」「SHAKE」嵐「ハダシの未来」「WISH」関ジャニ∞「イッツマイソウル」「ワッハッハー」KinKi Kids「愛されるより愛したい」「カナシミブルー」V6「愛なんだ」ってほんの一部だけどこうして並べて書くと改めてまじすごいなこの人…!

*4:V6はavexから曲を出しています。あとキスマイと滝翼もですね

*5:映画館に子供に紛れてクレしん映画を観に行ったりする

控えめに言って今までの人生で参戦したライブの中で1番最高だったPerfumeFES‼2017 9/13 in城ホ レポをするよ、の続き。

 

kimi-ha-muteki.hatenablog.com

 続き。Perfumeパートから。

 

◯ Perfume

始まりの照明の演出は今回のFES一貫してあのマス目状のやつですね~!ダダダダダってなるのかっっっこいい。(語彙力足りない)

カウントダウンとあの一気に早まる照明とリズムがぐあーーーーっと盛り上げてくれますよね。たまらん。全体的に音がかなりの爆音だった。低音ずちずち鳴らす感じ!!Perfume寄りの音響だったんですかね、重低音さいこうだったんですけど、正直源さんの方はあまり音がいい印象じゃなかったかも。たまアリがよすぎたのかな…。

1. FLASH
すーっと機構で上がってきてシルエット見えた瞬間かっこよすぎて叫んでから記憶がなーい!!!(爆)
2. GLITTER
久しぶりのGLITTER!綺麗だった、とにかく綺麗だった…。
そうそう、私、桜の森のピンクの照明につづいて、Perfumeが出すレーザー演出が死ぬほど大好きマンなんですが、GLITTERのレーザーたまらなかったー!!!!やっぱりGLITTERといえばレーザーですよね!!アリーナの頭上、スタンドの下、絶妙なラインを走るレーザー!!さいっこうだった…。
源さんファンも知ってる曲だし乗りやすいかな~!!と思ったら次曲…!
3. GAME
まさかの!!!GAME!!!暗転からのいつものGAMEロゴに叫んだ…しかもバッチリライトセーバー演出まで!!トラブルでのっちのライトセーバー光らなかったのは悔しかったけどでもそのあと機転利かせた神たちの対処がクソカッコイイ。
ちょっと前まで源さん側の神たちがいたゾーンに3つの丸いお立ち台置かれてたからまさかとは思ったけどGAME演出のためだったとは…。
4. Everyday
初生えぶりでい~!のっちボーカル始まりはやっぱり至高…。「あーたりまーえなことーなんてー」のこの最後の「てー」の伸ばししゃくりすっごい好き。ゆったりな曲だけど奥で重低音鳴ってるのがかっこいいよね~~~~イフワナの発売イベントいってから脳内リピが激しい。
ゆかちゃんの…「It so happy」がさぁ…!!可愛すぎたよ…!!源さんみたいに「かわいい…」つって膝から崩れ落ちたかったよ…。そういえば名古屋ではみんなで言おう!みたいになってたらしいけど。浸透するのかな〜初見では難しいっす。

ここでMC。順不同で箇条書きします。
・チケットも会場も争奪戦
正直発表された時点で薄々気付いてたけど、今はどこの会場も争奪戦らしくて平日しか確保できなかったと。平日に来てくれてありがとう、貴重な有給を源さんと私達に使ってくれてありがとう!と言ってくれるあ~ちゃんに本当にもうこちらこそーーー!!って叫びたくなる…。「みんな有給使いたい大切な日があるじゃろうに…」って言ってたけど私と友人は「それが!!!今日だよ!!!」って話してました。この対バンツアーに全日来てるらしいあ~ママ。「有給使いすぎてそろそろ仕事辞めにゃいけんくなるって言ってた」っておいおい大丈夫ですか!w
チケット争奪戦で「先行でピャーっと売れた」ために親戚とか友だちが呼べなかったぱふゅちゃんたち。口々に「もう一回やりたい!」って言ってくれたのほんと嬉しかった…ぜひやって、またやって…(泣)
・ウハウハのちさん
いつものお水休憩、暗転後にメンバーを叫ぶぱふゅファンに源さんファンは戸惑ったんではないだろうか…w
先に出てきたのっちの煽りPerfumeは好きかー!」「星野源は好きかー!」に絶叫させていただきました。ありがとうございますありがとうございます。
の「やっと対バンが実現しました。もうね…メンバーもそうですけど、女性スタッフがウッハウハでございますw」
そのあと公式Twitterに上げられている画像を見てとてもウッハウハが伝わりましたよのっちさん。
・海外からの観客と”偉い人たち”
今回はWorldP.T.A*1からの人もいらっしゃったみたいで!スタンド上段に国旗を掲げるひとたちが!この高倍率の中よく来れたね、すごい…。
また、あ~ちゃんが「盛り上がってくれるー?」「ついてきてくれるー?」の煽りの後に「ええカッコしたいんじゃ、アミューズの偉い人がいっぱい来てるんよ!」ってww
そりゃあ…アミューズ中堅どころ(源さんはある意味若手!?w)の、稼ぎ頭2組の対バンとなりゃ、そりゃ来ますよね偉い人…。でも偉い人もニンマリして帰ったと思いますよきっと。アミューズありがとう!アミューズ大好きだよ!(大声)
・グッズ着用率
グッズ着用率がすごい!という話。たしかに今回はみんな何らかのタオルを持っているし何らかのTシャツ着てる!こりゃあ偉い人喜ぶぞ~~!!
今回発売した源さんとの対バン限定グッズのスマホリング「Family Ring」を宣伝するぱふゅちゃん。なにやら、硬さにこだわったそうで、あ~ちゃんいわく「にゃんきほーてで買うやつよりもかたいから」
私、当日は買わなかったんですけど、先日アスマートにて源さんのコンテニの埼玉追加バージョンキーホルダー、PerfumeのClip集2と共に購入させていただきました…。ありがとうございますありがとうございます。
の「私たちは使ってるんだけど、源さんも使っている…と、いいな!」
の「源さんとおそろい…かも、しれない!」
源さんが持ってるかどうかは知らないのっちさん、怪しげな宣伝をする。
あ「ハハハハハッ!(いつもの高笑い)だれに媚び売ってるん!w」

源さんの新曲は「Family Song」そして、主題歌の、過保護のカホコ最終回ってことで、「今日最終回だよ!」って盛り上がる相変わらずのドラマ好きぱふゅちゃんたち。

・チーム分け
「ファミ」「リー」まできて…
「リング」!!まさかのここでもグッズ宣伝!!w

「ファミー!!」\イェーイ!/
「リー!!」\イェーイ!/
「リングー!!」\イェーイ!/
「ファミリーリングー!!」\イェーイ!/
「ファミリーリングー!!」\イェーイ!/

「源さんの新曲は~??」

\ファミリーソングー!!!/
新曲からグッズまで、なんとも素晴らしい宣伝でしたwww

・メドレーの話
今回の追加公演では対バン相手にリクエストを聴いて、それで3曲のメドレーをやっているらしく、今回は源さんにリクエストいただきました!とのこと。
事前にレキシとの対バンに言っていた友人に話を聞いたら、レキシのときは「微かなカオリ~マカロニ~SEVENTH HEAVEN」だったそうな!めっちゃ良いメドレーだしなによりめっちゃ可愛いチョイス!!「ロマ*2が出ちゃったわ~」って話をしてたと聞いて爆笑しました!さて、源さんはどうなるのか…と期待してました。
あ「リクエストを聞いたら…色々返ってきたんだけど」
あ「インディーズの曲とか…」(ぱふゅファンおぉぉおー!!と湧く)
あ「まぁそれは置いといて、」(置いとくんかい!w)
あ「あぁ、この人ふざけとるんじゃな、って。忙しすぎてふざけとるんじゃーって思って」(会場爆笑)

あ「源さんに捧げます、」
「「「お源メドレー!」」
(なにそのメドレータイトル可愛すぎる、爆死)

5:お源メドレー(マカロニ~ナチュラルに恋して~Magic of Love)
初っ端、お前もマカロニかーーい!!!ってなりました(爆)
からの、ひっさしぶり!ナチュ恋!あとから調べたら源さんANNでめっちゃナチュ恋語ってた。16ビートが云々かんぬん、歌詞が云々かんぬん、両A面でもう1曲が「不自然なガール」っていうのもまた云々かんぬん…源さんこれ相当好きなんだね…って思った。PVもいいよねって話までしてた。はんぱねぇ。そしてそれからのMoL!これも結構久しぶりなのでは…?3曲全部ラブソングなのホント星野源あんたってひとは!!!(爆)
なんかもう最近彼氏が出来たばっかりの恋に恋するJKみたいな曲チョイスだなと思ってMoL流れたときに笑ってしまった!w

終わった後のMC。
あ「可愛い曲ばっかりじゃったねぇ~」
か「ねぇ~」
あ「愛とか恋とか…。源さんは女の子の理想があるんじゃねぇ~」
の「なんか恥ずかしくなってきた!w」
3人広いステージの真ん中にちょこっと集まって喋ってる感じがクラスの男子についてちょっとからかい気味に話してる大人びた女子って雰囲気で面白かったw源さん!言われてますよ~!!!

そのあと、イフワナ説明。曲のノリ方とか。腕は4つ、下は8つでリズムをとる…って事前に聞いてて難しそう!って思ってたけどぱふゅちゃん相変わらず教えるの上手…。
あ「うちらはガシガシ踊っとるからやらんけどね!」
ぱふゅちゃんがガッシガシ踊る中、観客も必死にリズムとるから…。自由に踊って~!な源さんライブとまさに正反対!でもこれがPerfumeライブの醍醐味の一つなんだな~~~!!!
6. If you wanna
全員がさっきやったリズムをとる光景が圧巻…!でもまだやっぱりなれないからいっぱいこの曲観て聞いて慣れていきたいな~とちょっと思った。
7. P.T.A.のコーナー
6月誕生したばかりのはみがきのうた…源さんファンはやっぱり戸惑ったのではないだろうか…時間的にも説明短めだし…と思ってたら新しく「おなかのへるうた」が登場!!「おなかとせなかが、くっつくぞ~!」ってあの歌。この日用に書かれてる2番の歌詞が可愛かった!!

どうしておなかがへるのかな

みくりさんでもへるのかな

ひらまささんにはいえないなぁ

げんさん げんさん

おなかとせなかが くっつくぞ

みくりさんひらまささんの歌詞で大いに沸いた~~~!!!くっつくぞぉ!って歌い方可愛すぎるから罪深い。
8. FAKE IT
これはテンションぶち上がった~~~~!!!!GAMEがあったしまさかふぇいきが来るとは…!!!!とにかく重低音がすんごい音響だったんですんごかった、ほんとすんごかったの。はんぱなかった。(ここで迎えた急激な語彙力の低下)
源さんファンついてこれてたのかな…。(本日n回目)
9. MY COLOR
会場暗転後、あ~ちゃんの「せーのっ!」で、こ、ここ、ここで!?!?ってビックリ…。反射神経が反応してとっさに手を上げれたけど!!!個人的に、まいからーは意外と久しぶりだったので嬉しかったです。おそらく海外の方が来てたからこの選曲だったんでしょうけど。
「アドレスを打ち込んで」の歌詞が絶妙に時代を感じるんですよね~。あ~2012年っぽい~~~ってなる。腕をぽちぽちするの好き。私はいつもこの曲の手のひらくるくる前に出すところはPerfumeが大好き!っていう念を思いっきり込めて前に出しています(こわい)
久しぶりすぎて「1,2,3回!1,2,3回!1,閉じる!3,2,1!」が上手くできなかったよ…。これ予告なしでやるのすごい鍛えられてる感ある…。嵐の突然のFUNKY並みに鍛えられてる感とあと本人たちからの「踊れるよね?」っていう無言の信頼という圧力感じる…。こっちもやってやるぜ!!!って思ってますけどねへへん(得意顔)
源さんファンついてこれt(
私たちの前にいたおそらく源さんファン女子2人はすごい頑張って踊ってくれてたんですよ~!ありがたや~!!
10. TOKYO GIRL
幕張では発売したてってのもあって1曲目だったこの曲が最後の曲になるとはなんとニクいセットリストなんでしょう…。
イントロのダンッダダンッのところで3人のシルエットがあまりにも神々しすぎて鳥肌が立ちました。この曲を遠征先で観るとなんだか不思議な気持ちになりますね。札幌ドームで嵐の復活LOVEみたときも思ったんだけど。東京の夜の冷たい空気感を東京じゃない場所で感じる違和感?なのかもしれない。

 

そして、ついに、アンコール。

ありがとうございました~って出てくるPerfumeの後ろに見える2つのギターに全員がざわっ!となる。ひ、ひ、弾き語りだ~~~!!!
噂でスガシカオ回、マカロニ弾き語り(生歌)したって知ってぬぁあああなにそのめっちゃエモいコラボ~~~!!!って思ってました。WSで観て崩れ落ちた…ディーバあ~様降臨してたね…。

みんなでげんさ~~ん!と呼ぶと、ついにあの伝説のほしゆかが登場!!!
ほ「星野さんは帰ったわよ」
ほ「ひさしぶりね」
ほ「前に会ったときもここだったわね」
ほしゆかは大阪の女…なのか…?
なぜかPerfumeと距離感が近いほしゆか、から距離を置こうとする3人w
あ「ぐいぐいくるわねあなた!」
プリーツロングスカート(銀色でテカテカしてた…)に、ピンクの靴下(タイツっぽい)に、白のコンバース、今回のグッズの可視化Tという服装のほしゆか。トークの途中でちょいちょいキャラがブレるw

以下、順不同でトークの内容
・4人でPerfumeポーズ
お決まりのPerfumeです!をやることになり…
ほ「ちょっと、確認させて!」
3人に教えられてポーズをするも、ピースの部分がうまく出来ないほしゆか。
あ「年齢が出てるわよ」
ほ「ちょっ、年齢のことは言わないでっ!年齢のことは言わないでよっ!」(2回言った)
年齢を気にしているほしゆか…ぱふゅちゃんたちとはほら…平匡さんとみくりさんくらい離れてるからね…(爆)
・男性ホルモンの強いながゆか
しばらく4人でトークすると「妹を連れてきたの」ってことでながゆか登場!!
私の記憶が正しければ…あの人すっごいギタリストのはずなんだけど…浮雲ってめっちゃ有名な…おっと誰か来たようだ。
ほしゆか曰く「ながゆかは男性ホルモンが強いから髭が生えているの」とのこと。突然髭をスタンドマイクにこすりつけるながゆか。みんな「!?!?」ってなったし素の星野源「なにやってんの…!」って爆笑していたよ。ちなみにながゆかの服装は今回の黒のTシャツにおそろいのプリーツロングスカート…。そしてほしゆかほど上手く扱えないロングヘアー(爆)髪の毛に苦戦するながゆかをみたほしゆか「もう後悔しても遅いわよ!」
私女ですけど、ながゆかがあ~ちゃんに髪の毛避けてもらってるのめっちゃうらやましかったっす。
・なびかせるほしゆか
キューティクルさらっさらの髪をさらっさらとなびかせるほしゆかw
あ「なびかせるわねw」
ほ「すごいわね、あなた、いつもこれなの?」
か「そうよ」
首から背中にかけての髪の毛が接地してる部分が熱いらしいゆかちゃん。カイロ背負ってるみたい、っていうほしゆか。
ちなみに、このときの立ち位置が

のっち ほしゆか かしゆか ながゆか あ~ちゃん

なんだけど、この『三ゆか』が並んでる真ん中の威力が半端ない!w
どこかのタイミングでのっちがステージ後ろのモニターを見ながら「かわいい~」って言ってた気がする。さすがのっちさん俺らの代弁者。後ろのモニターにアップで映るながゆかは特にインパクトがあった…。

1:If you wanna
ほんとはコラボする曲、最初の提示は違ったようで。源さんがやりたい!って思ってた本気でアレンジしたイフワナ(フル)をPerfume側に送ってこれになったようです。宅録ですよねそれANNで流してくれ。
あ「忙しいのに…」
いやあ~ちゃんほんとそれな。
ほ「ちょっと星野源に戻るんですけど、」(戻るんかい!)
ほ「コードとか変えてちょっと自分なりにアレンジして」
みたいなことを話していたような気がします。透明少女もそうだけど、源さんの”カバーするときは原曲にリスペクトを持ってとことん!”みたいなところ音楽好きの源さんらしさがあっていつも素敵だなって思います。
ギター2本、カッティングがめちゃくちゃかっこいいアレンジでした。Perfumeの生歌ホント好き。特にじゃかじゃかとなるギターの上に重なった透明感のあるゆかちゃんの「If you wanna love me~」の声の美しさよ!!!
3人のあとの、ほしゆかのファルセット「If you wanna love me~」がまぁぁああ~好き!!!私の好きな源さんのファルセット!!!やっぱりこの人のファルセットはエロい(^q^)←
おそらく原キーに近いのかな?のっちの高音がいつもよりもちょっと苦しそうでそれがやっぱエロい(^q^)←
そして!サビに入ると!ながゆかとほしゆかは地声の低音になるの!!!あぁぁああああああああ萌え滾る…!!アウトロではヘドバンするながゆかとほしゆかwwwいやいや曲変わってくるわ!www
曲が終わってほしゆか、ボソリと「ハードコアだったわ…」

2:スウィートドーナッツ
「もう1曲やりたい曲があるの」って言うほしゆか。
ほ「Perfumeですごく好きな曲があってでもこの曲の名前を出すと、3人が凄く渋い顔するの」
そ、それってもしやさっきメドレーで話していた曲では…?
ほ「スウィートドーナッツって曲なんだけど」(ぱふゅファン大歓声!)

ぱふゅちゃん苦笑いに対して嬉しそうなほしゆ…いや、星野源。もうこれはほしゆかではない、星野源だった。
「ほらみんな喜んでる!!」って嬉しそうな源さん。喜んでるよ!ありがとう源さん!!すいどうなつが!!生歌弾き語りという超レアバージョンで聞けるぞ!!
「”疑問は増える”ってところが好きなの」 って言う源さんに笑うぱふゅファン。ぱふゅちゃんも「そこっ!?」ってなってた。源さんいわく「ふえるっ!」って切れる感じが良いらしい。なんか変態みがある。知ってたけど←
これを歌うにあたり、もともとの音源を聴いたらしいぱふゅちゃんたち。
か「どこの子供が歌ってるのかと思った」
あ「あれが発売されてたんだからおそろしい」
なかなか辛辣ですが、それがまたいいんですよPerfumeのみなさん…(^q^)
なにやらここらへんはふわっとしか決めてなかったみたいでほしゆかは「進行はどうしようかしら…、あなたたちに任せるわ!」Perfumeに丸投げw
たしか、ゆかちゃんの「生まれ変わったこの曲、聞いてください!スウィートドーナッツ!」で、またほしゆかながゆか2本のギターがじゃかじゃかじゃかとスタート。
最初はお決まりのコールもみんな圧倒されて忘れてたけどのっちパートあたりから微かに「のっちー!!」の声が。ごめん私も忘れてたわ…だってアレンジがまためちゃカッコイイんですもの!!でもそのあとサビではちゃんとPerfumeもファンもいつものすいーどーなっつ!の振り。
んで、これ私はみてなくて(記憶になくて)色んなレポに書かれてて知ったんですけど、『疑問は増える』のとこ、ほしゆかがギターを止めて、かしゆかが目を合わせて「ふえーるっ!」って可愛く歌ってたってううぅぅぅあああああああ!!!!なんだよおおおおお!!!!なんだよそのエピソード!!!!!どっちのゆか*3も魔性かよ!!!!!!くっそおおおおおお!!!!
とまぁ、とにかくめちゃくちゃカッコよく生まれ変わったすいどうなつを聞いて…なんと残念ながら私たちはお時間がきてしまい…帰りのバスがありまして…名残惜しい気持ちで会場を出ました…。
外の通路を城ホ出口に向かって爆走してたら「わーーーーっ!」って歓声が聞こえて何があったの!!!って思ってたんですけどどうやらながゆかとほしゆかが手を繋いでルンルンではけていったそうですね…!仲良し姉妹め…けしからん…そういうことしていると薄い本が厚くなるぞ…

 

ってことで、これで、
前記事から続いて約1万5千字となる壮大な私の間奏垂れ流しレポ終了でぇ~~~~す!!!!!暑苦しい文字数ですね~~~~~!!!

全体的にとにかくお祭り!!!なライブでしたね…。アンコールの特に「今日しかみれないわよ」なレア感。最&高。

 

好きなものと好きなものがこうして一緒になるって
こんなに幸せなんだ…って、ほんとうにほんとうに、心から思いました。

改めて
アミューズありがとう!!アミューズ大好き!!(大声)

 f:id:ars_pfm_193_dx:20171005194622j:plain

ではでは、くそながい長文に
お付き合い頂きましてありがとうございました…!!

またいつかほしゆかちゃんに会いたいな…。

f:id:ars_pfm_193_dx:20171005194547j:plain

*1:Perfumeの海外用公式ファンクラブ

*2:ロマンチック

*3:よくよく考えるとほしゆかはゆかではない…

控えめに言って今までの人生で参戦したライブの中で1番最高だったPerfumeFES‼2017 9/13 in城ホ レポをするよ

2017年9月13日
大阪城ホール

「PerfumeFES‼ 2017」追加公演。

6月に行われたチャットモンチーとの対バン。その幕張メッセ公演でのラストに発表された追加4公演。名古屋でスガシカオ、レキシとの対バンを終え、翌日に同じ城ホで3回目となるマキシマム ザ ホルモンとの対バンを控えたこの日。

 

対バン相手は、そう、星野源

もう、もう、もう、発表されたとき、どれだけ嬉しかったことか!!!!

ちなみに、対バン相手の発表は6月時点では行われず。その後ラジオにて発表されたのですが、そう、そのラジオ、聴いてなかった(爆)

こういうね~、大事な時に限って逃すんですよ、私。たしか、ニコ動とか観ながら動画漁ってヘラヘラしてた。友人たちに発表された時にTwitter盛り上がってたのに私がいなくて「ちょ!なんでいないの!」ってなったって言われた…。

 

いや、でもね、ほんと、嬉しすぎてサイトの画面のスクショ残してるから。

f:id:ars_pfm_193_dx:20171004185826p:plain

*1


ねぇ!!ほら!!みんな見て!!!
アー写が並んでるよ(歓喜)!!!!

 

以下、当日の会場の雰囲気についての感想

・女子が多い!
ここ2~3年ほどでPerfumeライブはとても女子が増えた、気がする。私の感覚だけど。特に20代前半、そしてその下の世代の女子。私が初めて行った2012年のJPNツアーでは正直同世代女子なんてほっとんどいなかった…(ちなみに当時は10代だった自分)。
年上の綺麗でスタイルの良いお姉さまたちが多かった(たぶん20代半ばくらい)。コスが似合うんですよねぇ、お姉さまたち、これがまたねぇ、きれいなのよ。自分みたいな田舎の芋女子高生が参戦してよいのかしらと少しそわそわしたよ(爆)
逆に今は自分よりも下の人もいることに驚きです。でも、まぁ、普段はいうて男女比6:4か7:3くらいなんですよね、たぶん。でも今回はそこに加えて、星野源ファンが入ってるからなおさら女子が多い。
これのちょうど3日前の源さんツアー*2のたまアリ追加公演にも行ったから向こうの感じもなんとなーく知れたんですけど、はんぱないくらいの圧倒的女子率。マジでジャニーズと変わらない。ファン年齢層は嵐と似てる。下は10代から上は40overまで。ふと頭に過ぎった言葉…星野源はアイドルです。*3

 ・兼ヲタの多さ
私含め、兼ヲタ*4が多かった。コンテニタオルとFESタオル、もしくはぱふゅタオルを両方持ってる人。

f:id:ars_pfm_193_dx:20171004190230j:plain

はいこれ私ですね。くっそはしゃいでるね、イラッとするわぁwwwww
右が源さんの今回のツアー、コンテニのタオルで、左が今年のぱふゅのタオル「パータオル」です

今回の追加公演から発売されたエメラルドグリーンのFESタオル、可愛いけどおそらく買ってるのは大半がPerfumeファン。でも可愛いから源さんファンで買ってくれた人もいたのかな。それと、源さんファンはツアー終わりってのもあるしみんなコンテニタオル持ってる。
あとね、源さんファン分かりやすいのは、みんな黄色いんだよ(爆)
普段私にとって黄色は勝負の色なので、妙にそわそわしちゃう。同担いっぱい!みたいな。まぁ源さんファンだし結局同担みたいなもんだけど。そわそわする。
だから、源さんファンが多いのがとても分かりました。星野源のチケットって取りにくいから、P.T.A*5枠の方で周りにお願いしてチケット確保した源さんファンも多かったのかも?
PerfumeパートのMCでゆかちゃんが「Perfumeのライブ初めてきたよーって言う人~?」って聞いたとき、たくさん手を挙げていてびっくりした…。星野源すげぇよ…。新規いっぱい連れてきたよ…。よかったらみなさんPerfumeも好きになってね…。

 ・コスが恋!みんな恋!
一緒にいた友人が「そうそう、大阪って、コスする人が多いんだよ~!」って言ってました。Perfumeのライブでは他のアーティスよりも”本気の衣装コス”をする人が多いイメージなのですが、それが確かに大阪はさらに多かった。
んで、その衣装はもちろんPerfumeの衣装が多いはずなんですけど、今回はやっぱり「恋」のELEVENPLAYがとても多い!!コスしている方は、Perfumeの曲をかけて振りコピで踊ってる方も多いんですが、恋のELEVENPLAY衣装でイフワナ*6踊ってるのはこれぞ対バンならではの景色…って思いました。そういえばニセニセ明もいたしイフワナ踊ってたな…。異文化のようで異文化ではないような、不思議な交流があって、不思議な空間でした。大阪城ホール前の噴水付近ね。

 

そして、いざ、会場内へ。

我々はスタンド席だったんですけども上から見てびっくり、アリーナがみっちみち!!圧巻のみちみち加減でした。上の方を埋める立見席もすごかった…。アリーナ後方には私とその友人たちがかしゆかの言葉を借りて「神のゾーン」と呼んでいる音響や照明を操作する機材、そしてスタッフさんたちが。神ゾーンに目を凝らすと…MIKIKO先生がいらっしゃる!周りの人も気づいたみたいでみんなMIKIKO先生みてましたね。始まる直前の手拍子を観客と一緒にしてるの超可愛かった。あれでウン歳なんだぜ…信じられる…?

わー神~!神~!って言ってふとステージをみると、フルバンドの用意が…
マジかよ!!こっちも神が揃ってるじゃねぇか!!

会場前方のステージに神、会場後方のアリーナに神、と、神達が大阪城ホールで向かい合ってスタンバイしてるわけですよ、鳥肌モンですよ!

源さん本気出してきた…がっつりフルバンドでやるんかい…震える…と思いうっはうはそっわそわ。そして時間が近づくと聞こえてくる暗いステージから楽器の音!!!普段のPerfumeライブでは体感できない(っ…!もうすぐはじまる…!)のこの感じ!!

いつもの手拍子ももうめっちゃ気合い入りました。ザァンッザァンッザァンッ!!

そして!ついに!始まる!
私の!!
人生最高の!!3時間!!

 

以下より、やっとライブレポです。
注※他の方のしっかりメモした詳しいレポと違って主観がめちゃ入ります。というか、ほぼ主観!感想文!他の方と違って細部を観ていない、覚えていないことが多いです。なぜなら基本飛んで跳ねて叫んでるから!!!それでもいいよって人は優しくほほえみながら読んで下さい。話した言葉は大意であって一字一句正しくはないですし、私の方から観た景色でしかないので多少他の方と異なる場合もあります。ほんと、そこらへん大目に見てください。明らかに違ってるところあったらコメ欄に生暖かく微笑みながら「ちげぇよオイコラ♡」って書いてください…。

 

◯ 星野源


1:化物

「こぉーんばんはー!!星野源でぇーす!!」

\うぉおおあああああーーーーー!!!!!/
って感じ。いやもうほんと出てきた瞬間の歓声半端なかった。源さんのホームより声大きかったと思う(爆)いつもよりちょっと緩めの作務衣っぽいジャケット?スタイル。
か わ い い。
明るくなった瞬間にバンドメンバーをみると…亮ちゃん!カースケさん!ちょ!完全にいつものメンツ!おま、マジで本気メンバーかーい!!

f:id:ars_pfm_193_dx:20171005193955j:plain

ウインクしてる…りょうちゃんウインクしてるぞ…

2:桜の森
私はこの曲のピンクの照明が死ぬほど大好きマンなんですが、この日もめっちゃ良い照明してた。アウトロ長めにやってくれてたけどそれが楽しそうで楽しそうで…あぁ微笑ましい…。

ここでMC。Perfumeと初めて会ったチャウ大の話。
「ほしゆかーーーー!!」というおそらくぱふゅファンの男性の呼び声に「ほしゆかよぉ♡」で歓声w
ずっと対バンは誘われてたけどタイミングが合わず出来なかったと。お忙しいから…あなた…むしろこのタイミングでの方が意外だったよ…お忙しいじゃん…ねぇ…?この間ツアー終わってすぐドラマ撮影入ったんでしょ…ねぇ…。
初めて会ったときの所属はカクバだった源さん。その頃から誘ってたんだねぱふゅふぇす。今は同じアミューズということで、事務所的には後輩。Perfumeねえさんよろしくおねがいしますっ!」って言ってた。かわいい。アミューズに来てくれてありがとう…。

3:SUN
ベェーーーーーっていう始まりの音で「おぉぉおー!!」って歓声が!この時点でELEVENPLAYがいないことに軽くショックを受けました(爆)
あぁ、今日はいないんだな…って。いま思えばフラグですけど。
「あのスネアが」の歌詞でカースケさんのスネア。ツアーでは源さんステージ歩いてたんであれでしたけど今回は顔合わせて(たと思う)源さんとカースケさん。かっこよすぎてそこで友人と叫んだ。こういうのって改めて生バンドならではだよなぁって思いました。
ステージ目一杯使う源さん。MCでも手を振りかえしてくれる観客に嬉しそうにしてた源さん。右に行けば右スタンドのみんなが手を振り、左に行けば左スタンドのみんなが手を振り…。この光景よく行くライブでよく見ます。
アイドルだ、やっぱあんたはアイドルだよ…!!
4:Drinking Dance
ビックリの選曲!まさかCMタイアップといえどカップリングを持ってくるとは!
「みなさん、ウコンの力飲んでますか?」は笑ったww源さんは積極的にスポンサー推していくタイプですけど、そういうとこホント好き。自担が…まさにそれなんで…あざとさがあるね、ふたりとも。結論かわいい。買う。
源さんツアーではニセ明がカバーとして歌っていたので「星野源」が歌うのは初めてだったのでは?と思ったらついったで見かけた源さんファンたちもみんな同じこと思ってた(笑)ほんとはELEVENPLAYのダンスがあるともっといいんですよ、この曲(ボソッ
5:Week End
この曲でぐちゃぐちゃに踊る客席が大好きな源さん。全員一緒!が多いPerfumeファンが多い中「自由に踊って!」と言ったけど果たしてPerfumeファンはどうだったんだろう…w
平日ど真ん中だけど!ぜんぜんウィークのエンドじゃなかったけど!それでもやっぱりライブで聞くこの曲は最高!!「身体を交わそう」でお決まりのもみもみ。らーらららららっ、の歌うところ、煽りがお上手。相変わらずカメラファンサもお上手。やっぱりアンタ、アイドルだよ…。この曲もELEVENPLAYのダンスが最高なんですよぉ!Perfumeファンで観たことない人にみせたかったんですよぉ~(ボソボソ

ここでまたMC。あっついねぇ~って言ってたけどほんとすっごい汗。みんな水分取ってね、俺この間熱中症になったからね、お医者さんに「お金のない若者と老人がなるやつ」って言われたからねっていうトーク。聴くたび思うけどほんとおまいうブーメラン。笑い話だけど笑えねぇ。
そしてここでまさかのドリンクタイム…!*7なんか、源さんファンの嬉しい悲鳴とコレを知らないPerfumeファンの驚きの悲鳴が上がってた気がするんですが!ww
アウェイでこれやる星野源まじっょぃ。そして次の曲へ。いつもはELEVENPLAYがいるけど、今日は1人で頑張ります、と。ELEVENPLAY楽しみしてた私、やはりとはいえど落ち込む…。
そう、しかし、それは盛大なフラグであった…。

6:時よ
源さんのアップテンポな曲の中ではいっちばん好きです。無条件で飛び跳ねます。なので、前半は!!記憶が!全然!ありません!w

しかし、ここで記憶なんぞ飛ばしていられない衝撃が起こる…。

真っ赤な!!!衣装の!!Perfumeが!!出てきた!!

もーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーね、この時の歓声といったらない!!
大阪城ホールが噴火した←

たぶん参戦する誰もがコラボとしてPerfumeが踊ることを予想してた。特に恋。だけどぱふゅフェス参戦経験者たちも予想としては最後のアンコールのコラボでやるんでしょ?って感じだったと思う。
それがまさか!!「時よ」だなんて!!しかも登場の仕方がめちゃくちゃカッコよかった。ELEVENPLAYのみなさんの登場のとき、わかります?あの、足を大きく振って、リズムに合わせてステージに歩いてくるあの感じ。かっこいいよね。あれを!Perfumeがやるんですよ!!私の目に一番最初に飛び込んできたのはのっちの姿だった。あれだぞ、普段はおにぎりいじられキャラ(語弊)でも本気ののっちはやっべっぞ。
歌ラストの「バーイバーイ!!」を2回。なんかもうバイバイとかいつも一緒に手を振るけどもうほんとそんなもうなんかもうバイバイどころじゃねぇええええ!!って思ってた(爆)
そしてなによりこの「時よ」をPVで踊ってるのがあの女性ダンサーということ。源さんファンなら知っているあのダンサーの正体。あの人が踊っていたあれを!Perfumeが踊っている!!!震えた。心が震えた。

この曲ラストのお決まりといえばELEVENPLAYと源さんが一列に並んでのダンスなんですが…Perfumeと源さんが…4人が並んで踊った時の…あの景色…一生忘れない。4人の敬礼に…心も脳みそも全身が震えた。

ここでMC。
一歩も動かないPerfume。ポーズしたまま動かない。かんっぜんにELEVENPLAYになりきっている!!w
源さんが「あれっ、みたことある…この人達みたことある…」って言いながら3人の周りをチョロチョロ。ELEVENPLAYに完スルーされる感じまで再現(違う)
7:恋
「もう1曲踊ってくれますか!」って言って最近の源さんが恋を歌う前に使う決まり文句「去年たくさん歌った曲があります!一緒に踊ってください!恋!」の言葉に湧く会場!!そしてそのまま踊りだすPerfumeーーーーー!!!!映像はWSで死ぬほど流れてましたね~!マジぱふゅちゃん動きがきれっきれ。ELEVENPLAY新メンバーのあやかさんゆかさんあやのさんって感じ。(伝われ)
間奏でいつものように「あれっ、Perfumeだ!これPerfumeだ!」って5歳児源くんがはしゃぎだす…かーらーの4人揃ってのダンス!!!これを…全兼ヲタは…夢見ていたのです…。ありがとうPerfumeありがとう星野源ありがとうMIKIKO先生ありがとうアミューズ…!!!源さんの「Perfume~~~!!!!」って名前叫んだ時あれはきっと私の人生のハイライトを作るなら絶対入れる。あぁ私の好きなアーティストたちはこんなにもカッコイイだぜ!って思った。誇らしい。

ここでまたMC。ELEVENPLAYぱふゅから、ちょこちょこっと動き出していつものぱふゅちゃんに戻る。WSでも流れてたけど「かわいい…!」って崩れ落ちた源さんマジで平匡さんのデジャヴ。

f:id:ars_pfm_193_dx:20171005194220p:plain

源さん「なっ、なんなんですかその衣装はぁっ!」(完全に平匡)
あ「源さんの…好きそうなやつ…」(あ~ちゃん独特の言い方)(会場笑い)
源さんやや照れながら「…っ!好きです、大好きです」
3人が踊ってるとこ観たかった源さん、でもステージ最前で客席を観ながら歌うから自分は観れない源さん。残念がる源さん。「俺見れないんだよぉ!」って可愛いかよ。でもね、恋ダンスを本気で踊るPerfume3人と並んで踊れるのは世界中でたった一人あなただけですよ!!!

f:id:ars_pfm_193_dx:20171005194324p:plain

これのためにELEVENPLAY風衣装を作ったぱふゅ。めっちゃ気合い入れてダンス覚えてきたんだけど会場の観客がマジでみんな踊ってた…ってちょっとなぜか残念そうにいうあ~ちゃんらしさ。でもこの会場の誰よりも完成度の高い恋ダンスをしていたのは紛れもなくあなたたちですよ!!!
チャウ大の話になるも、なーんか絶妙な距離感を置くPerfume、特にゆかちゃん(爆)「ゆかちゃん、怯えてる…!?」と声かける源さん、それに対してゆかちゃんまるで話を逸らすかのように「すごい汗…」とボソリ。そうなのよほんとココらへんも観てるこっちも熱狂しちゃってるし会場ものすんごい暑さだったし源さん汗ぼったぼただし。
ちょっとしゃべってはけてくぱふゅちゃん。かわいい。
余談ですけど、私男性芸能人であんなにナチュラルにかしゆかのこと「ゆかちゃん」呼びする人星野源の他に知らない。逃げ恥のときもガッキーのこと男性陣でおそらく唯一「結衣ちゃん」呼びしてたのは源さんだけだった気がする。そういうところですよ星野源さん!
そしてPerfumeもはけて、あらためてステージにひとり立つ源さん「あれ、俺なんで今ひとりなんだろう…」(会場爆笑)
つぎで最後の曲です!ってなったときの「え~~!!」に「すいやせんっ!」ってうそ太郎風に返した源さんサービス精神旺盛すぎる。君やっぱりアイド(以下略
8:Family Song
歌うとは思ってたけどでもやっぱり歌ってくれると嬉しい…。この曲も桜の森と同じくきれいなピンクの照明がいいんだなぁこれが。
「ただ幸せが一日でも多く側にありますように」
幸せな1日にぴったりだった。

 

以下、源さんパートの追記。
もしかしたら源さんホームよりもアツいんじゃないかってくらい盛り上がってる空気感に源さんも嬉しそうに応えてる感じがしました。
Perfumeに対して「日本でこんなにかっこいい事する人たちがいるんだって思った」と表現した源さん。Perfumeってかっこいいよね!っていう思いをあの星野源と共有できたのが嬉しかった…。

迎え入れられる側だからホームのときに比べて外向けの源さんだったけど、それでもぱふゅファンの方が多いこの会場を星野源の空間に染め上げたのはさすがだと思いました…。次に出てくるPerfumeに対して「すごいから!リハでちょっとみたけどすごくめちゃくちゃカッコよかった!」って興奮気味に話す源さん微笑ましかったっす。GAMEから聴いてるんだもんね、源さん。本気の人だわ。
コンテニ終了して3日しか経ってないしそのままのフルバンド連れてきてるし、なんだかコンテニツアー番外編!って感じのセトリだし、でもまだまだ源さんの魅力あるしもっともっとPerfumeファンに見せつけたい…!とかペーペーの新規のくせに思ってました。

 

こ、ここまで7000文字超えました…。

でもまだまだPerfumeパート、そしてあのアンコールも書きたい!!!

ので次回に続きます…。

なっげぇ…。

 

*1:ちなみに今でもこの公式サイト→

Perfume FES!! 2017で普通に見れるから別にスクショする意味はない。でも記念に。

*2:

LIVE TOUR 2017『Continues』 - 特設サイト

*3:某有名書店員さんのPOP名言

*4:という表現使って良いのかあれだけど。両方を本気で好きな人

*5:Perfume公式ファンクラブ

*6:Perfume最新曲「If you wanna」

*7:源さんはよく自分のラジオで飲み物を飲むときの「ゴクッ」という音をいい感じのエコーをかけて流します。これをドリンクタイムと呼ぶ…

「‪ #あなたの人生で大切な音楽を10曲選んでください‬」

お題「‪ #あなたの人生で大切な音楽を10曲選んでください‬」

 

人生、ってなると、
急に壮大になる。

22年、生きてきました。

まだまだ短い人生ですが、ちょっぴり遡って考えてみようと思います。

 

だんご3兄弟速水けんたろう茂森あゆみ

1999年3月3日発売。まだ8cmの縦長のCDですよ。速水けんたろうお兄さんと茂森あゆみおねえさんが「おかあさんといっしょ」で歌っていた言わずと知れた超名曲。当時3歳です。なぜか知らないけど大好きでした。物心ついても大好きでした。私の記憶が正しければ小学校2年生くらいまで真っ黄色のだんご3兄弟箸箱とだんご3兄弟傘使ってました。小2といえば7歳ですからね。だんご3兄弟歴4年ですよ、強火ですね…。この頃から黄色いものが好きだった…。

最後の、

「っ、だんご!!!」が好き。あの1拍置く感じ好き。

だんご3兄弟

だんご3兄弟

 

 

「恋のダンスサイト」モーニング娘。

 2000年、当時3~4歳。LOVEマシーンの次のシングルです。何故か我が家にはCDではなくMVが収録されたVHSがありました。なぜ。誰が買ったんだ。未だに謎。
たぶんほんとにこれ一曲だけしか入っていないので、鬼リピ。ずっと観てた。好きとか嫌いとかじゃなくただひたすら観ていた。だっていうたら、LOVEマシーンの方好きだったもん。でも何故か我が家にはこれしかなかった。

そうね人生のホームページ

更新するわSEXYビームで

このあとのやぐっちゃんのSEXYビーム!!!が有名だけどその前の歌詞が時代が感じられてとても好きです。人生のホームページってなんだろう。つんくっぽいわぁ。ビームで更新できちゃうんだね。

恋のダンスサイト

恋のダンスサイト

 

 

ミニモニ。じゃんけんピョン!」ミニモニ。

 2001年、当時5歳。ミニハムずとかやってたしバカ殿も出てたから、ちっちゃい子はみんな好きだったね…特に辻ちゃん加護ちゃんは大好きだったね…。ミニモニ。テレフォン!もみんな歌ってたね…。プッチモニは一桁歳児には早かった。
同じ保育園の「のぞみちゃん」がいつも周りに「私ね!辻ちゃんと同じ名前なの!!」ってず~~~っと言ってた。内心「いやお前でも漢字がちゃうやんけ…」って思ってた。言わないけど。「ふぅ~ん」って返してたけど。5歳にして性格がネジ曲がっている私。今思えばどっちでもいい。

ミニモニ。ジャンケンぴょん!/春夏秋冬だいすっき!
 

 

「世界にひとつだけの花」SMAP

私の年代が物心ついてから最初に経験したジャニーズのブーム曲だと思う。
2003年、当時7~8歳。「かっこいい」を最初に認識したときだと思うし、振りも何故か完璧に覚えた。学校で毎月1曲課題曲を決めて全校朝会で歌うっていう決まりがありまして、たぶん初めてJ-POPを歌ったのはこの曲だった…。クラスでサビを踊れる子が数人いたのでなぜか教室の前に出て5~6人で教える羽目に…。幼いころの想い出です。
昨年12月26日、テレビを見ながら一緒に踊りました。13年経って尚、一緒に踊れるし、歌詞も二番までしっかり覚えてる。この曲は本当にすごい曲だと思いました。

世界に一つだけの花

世界に一つだけの花

 

 

「Venus」タッキー&翼

2006年1月、当時10歳、クラスの女子大半が踊れました。CDを学校に持ってきて教室でかけてみんなで休み時間踊るんですけど、CDを持ってきてくれる1軍先頭女子2人がどちらもタッキー派なため、「私タッキー!」「私もタッキー!」っていうんでタッキー&タッキーで踊ってました。ごめんね翼。
2015年、運良く某音楽番組観覧に行った時に、目の前でタキツバが歌って踊って、一緒に踊れたのはじゃにおたの端くれとして本当にいい思い出です。まぁその時の披露曲はVenusじゃないけど← 

Venus

Venus

 

 

青春アミーゴ修二と彰

 1年戻りましたね、2005年。やっぱりクラスみんな踊れた青春アミーゴ。クラスみんな大好きだったノブタ。みんなノブタパワー注入してた。今年の背中越しのチャンスは本当にエモかったですね…12年後にこのコンビがまた復活したのに堀北真希が引退してるなんて誰が想像できたことか!!!
給食の時間、リクエスト曲のコーナーという放送がありまして、鬼のように毎日毎日流れてました。全校生徒が毎日毎日CD持ってくる。翌年のかつんデビューもあるし確かにめちゃ流行ったしみんな好きだったけど、でもこの青春アミーゴの勢いはダントツだった気がする。今では立派なじゃにおた必須楽曲のひとつですね。歌詞でひとつのストーリーが出来上がってるのがとても好き。

 ↓このジャケ写ね~~~~~~~~~~~エモい。

 

「5×10」
2009年、当時14歳。中学2年。私の人生に最大の変化をもたらした曲です。友人に借りた嵐のベストアルバム、知ってる曲も知らない曲も色々。その中で、1番自分の心が大きく動いたのは、最後の「5×10」でした。嵐は、人並みに好き程度だったのに、この歌で真っ逆さまに落ちた。

10年観てきてるわけじゃないのに、10年を感じさせ、なおかつ心からの感謝が伝わるこの曲は本当にすごい。今まで10年間を観てきた人たちには感謝がしっかり伝わるし、これから観ていく人たちには今までの嵐がしっかり伝わる。そしてこの曲を聴くたびに私は「どうしてもっと早く嵐のことを好きになれたかったんだろう!」と心の奥底から悔しい気持ちで一杯になります。
好きを通り越して、悔しさを覚えるのはこの曲だけです。

All the BEST! 1999-2009(通常盤)(CD2枚組)

All the BEST! 1999-2009(通常盤)(CD2枚組)

 

 

「虹」二宮和也

 発売されたのは2007年。嵐ファンを一度でも名乗った人間ならたとえ二宮担じゃなくても1度は必ず聴くだろうし、ニノ担を名乗った経験のある人間なら全員が一度通る道だと自信を持って言えます。虹。カラオケはいつも上位だし、嵐ファン以外でも知ってる人がめちゃくちゃ多いソロ曲です。
「ニノの虹って良い歌だよね、私好きだよ」
的なことを言われた二宮担はたぶんかなりいると思います。

メガネ」「ピアノ弾き語り」「甘い声」「ラブソング

全要素がアイドルとしての二宮和也を最高に引き立てます。

個人的には情景がぼんやり浮かぶ歌詞がとても好きなんです。具体的すぎない歌詞。どこかちょっとなにか意味を含んだように、でも、カップルであることは伝わるし、でもその人の曲の捉え方によっては色んな物語が想像できるんですよね。
昔事務所に言われて脚本書いたり、小説書いたり、イマジネーションがとても豊かな二宮くんだからこそ書ける最高に素敵な歌詞です。

Time

Time

 

 

「レーザービーム」Perfume

私はなにかを好きになる時、明確に「あ!好き!ファンになる!」と思って追いかけ始めます。自分の中できっかけというものがはっきりしているタイプです。物にせよ人にせよ。ですが、Perfumeだけは明確にコレ!っていうのがなくて、ぼんやりこの時期から気になり始めてはいたかな…?というのがあります。それがレザビ。

まさにあれですね、Perfumeの虹色のラブビームに心打ち抜かれちゃったって感じですかね(どやぁぁあああ

実際ライブではテンションぶち上がるくらいカッコいいレーザービームがビュンビュン頭上に放たれます。たまりません。最&高。

www.youtube.com

 

「恋」星野源

 もう!Perfumeと嵐で精一杯!!これ以上誰かを好きになれない!!無理!!追いかけられない!!と思っていた私に追い打ちをかけるように沼に落とし込まれた、いや、恋に落ちてしまったのはそう星野源。くそう…「星野めっ!!」*1

皆さんご存知、2016年社会現象を起こした「逃げるは恥だが役に立つ」の主題歌、「恋」ですね。恋ダンス。頑張った。3話目くらいまでなんとなくしか踊れなかった。鬼練した。頑張った。私こうみると踊ってばっかだな。

虹でも言ったけど、情景がぼんやり浮かぶ歌詞が好きなんですけどこの人そういう曲、作るじゃん?たまんないよね!!!!
多分普通なら「平匡さん」目線で歌詞を書くと思うんです。

ただ腹を空かせて

君の元へ帰るんだ

ここらへんはまぁ、平匡っぽいっちゃあ平匡っぽくもあるけど、でも、ちょっと違う。誰にでも当てはまるような、だけどどこか明確な景色が浮かぶ、でもみんなまるで経験したかのような、そんな気持ちになる、じわわぁぁ~~~~って浸透してくる歌詞。

「浸透力ハンパなーーーーーーーーーい!!!」*2


星野 源 - 恋 【MUSIC VIDEO & 特典DVD予告編】

 

 

アレですねぇ、黄色で始まり黄色に終わりましたね。

自担のメンバーカラー含めて、私は自他ともに認める黄色病です。

(黄色いものを好きになりがち、黄色いものに目が行きがち)

 

同い年の人のこのお題読んでみたいなぁ。

 

*1:「この言葉については”星野源 宇多丸”でグーグル先生に聞いてみてね!

*2:逃げ恥3話参照

通りすがりの二宮担に暇な時にでも観てほしい星野源

去年わかりやすく逃げ恥で星野源にハマり、それから約1年追っかけたり追っかけなかったりなんやかんやありながら先日やっと初めてライブに参戦でき、そこから大体去年の年末頃に胸のあたりまで浸かっていた星野源沼についに今月から頭までどっぷり浸かったのが、そう、この私です。

 

ここ数週間、星野源過剰摂取(過去のドラマ・映画・ラジオ・歌・本をがっさがっさと漁りまくる行為)をしたことにより、自分の中で「あぁ、私、星野源のこういう感じ好きなんだ」とわかってきた気がしました。私の中の好みの星野源を見つけたといいますか。それぞれあるじゃないですか、自担のこのビジュが好き!とか。そういうあれです。このときの星野源好き!めっちゃ好き!!みたいな。

あれだね、どうでもいいけど“私の中の星野源ってそこそこパワーワードだね。

 

そこで、好み~!これ好み~!!のと自分の本能のままに星野源を観てると「あっれ、なんだろうこれすっごい既視感…なんでだろう、すごいにのみ*1がある…わ、すっごい二宮、わぁ~二宮~!わぁ~~!!」となっていきました(語彙力がどんどん低下していく様をお届けしてるよ!)

 

なんでしょう、おたく人生をはじめるきっかけとなった二宮くんは既にもはや私の潜在意識の中に刻まれちゃってるんでしょうかね。無意識に色んな所でにのみ*2を探してしまう。あと、ちょっとだけ、星野源二宮和也がなにかどこか共通点があるんでしょうね。顔は全然似てないと思うけど。あ、でもサイズ感?全く一緒だと思います。幸運なことに星野源を1m距離でみたことがあるんですよでへへへっ。ってことで調べたら身長一緒で168cmだった。身長も同じだしちょっと細身、というか身体が薄い感じも同じ。ちなみにムロツヨシも一緒の168cmらしい。もっとちなむとガッキーは169cmらしい。わぉ、さすがガッキー。

 

んで、まぁ、何が言いたいかっていくつか私の性癖にクリーンヒットかました、観た時に思わず床を叩きたくなるほど好きな星野源をちょろちょろっと載せてます。これを何気なく読んでくれた通りすがりの二宮担とかに「あ~コレが好きなのなんどなくわかるかも」って思わせたい。そしたら私の勝ち!!!!

 

昔からSAKEROCKとか星野源好きな人には「ケッ…にわかのくせに…」って思われそうだけど、まぁ、そのとおりなので、所詮にわかの戯言と思ってください…。

 

「Snow men」


星野 源 - Snow Men 【MUSIC VIDEO】

決して実力派人気ジャニーズJr.のユニットのことではありません*3星野源の楽曲です。初めて曲を聞いた時あれ、知ってる…ってなりました。資生堂のタイアップだった。で、まぁ、たしか逃げ恥の頃くらいに星野源を検索した時にこれを見つけて、こう、ドーーーーン!!!と私に雷が落ちました。この衝撃、例えるならヘブンズ・ドア*4のホスト役二宮くんを観た時の衝撃ぐらいあった。特にこのMVのメイキング冒頭、メガネを掛けてない時。あれヤバイですね。色気のメーター振り切ってる。ただひたすら画面の前でひれ伏しました。ちなみにメイキングを観たい人はこれに収録されてるからぜひぽちっとしてみよう!→*5

PV観終わった後、何この人めっちゃ色っぽいじゃん…!!こんな甘い声で歌って、こんな色気のある表情するんだ…!!ってなりました。多分それまでの私の中の星野源像は人畜無害な小動物系で、くも膜下の経験してるのは知ってたのでちょっぴりか弱い感じだったんです。文系ど真ん中みたいな。でも違った。全然違った。この歌の最後のファルセットで思った。
この人のファルセット、どちゃくそエロい!!!!!

*6

 

「スノービューティー」

videotopics.yahoo.co.jp

そっからの流れで、これ。↑のSnow Menはもともとこの資生堂の企画で使われた楽曲なんですね。ちなみにこれが2015年で2017年は高橋一生武井咲だった。くっ、高橋一生はずるい…。高橋一生がクリーニング屋の役みたいだぜ…そんなイケメンクリーニング屋いるかよ!!!!くっそ!!!!あとで動画観にいってやるぅ!!楽しみだぜバーロー!!!

この映像、とても綺麗でお金がかかってるんですよね!さすが資生堂!そして二階堂ふみめちゃかわいい。まさかの雪女と雪男っていうファンタジー設定なの結構すき。いや、かなりすきです。源さんって、映画でもドラマでも、コミュ障気味の男の人の演技がめちゃうまいしめちゃハマる。本人全然コミュ障じゃないのにね。なのにたまにぬるっとでる色気がずるいんだよバーロー!!!せやかて工藤!!

地獄でなぜ悪いから数年経って共演してるってステキ。ちなみに2人の某話題は特になんとも思いません。

 

コウノドリ


「後半」ダイジェスト決定版! 金曜夜10時『コウノドリ』最終回までカウントダウン【TBS】

正直感動モノが嫌いなので、そういったドラマをみることがほとんどなく、これもリアタイはしてませんでした。話題だったのは覚えてる。でもほんとのほんと正直に言うと綾野剛出てることしか知らなかった。小栗旬めっちゃ出てくるからとてもビックリしました。この間の3連休で全話観たよ。すっっっごい面白かったです。食わず嫌いよくない。みんなも毛嫌いしないで色んなドラマ見ようね!(おまいうブーメラン)

このドラマの、源さん演じる「四宮春樹」が私の性癖ど真ん中にボディーブローぶちかましてきたんです!!!!!仕事がとてもデキる人で!クールというか冷酷さがあって!でもちょっと優しさもあって!なにこれ!!!!完全にプラチナデータの神楽くんじゃん!!!!!!!!!!好き!!!!!!!!!って1話の初登場シーンで確信した。ってかまずサムネ最高だよねこれ。

プラチナデータでは神楽くんが「神楽龍平」を100%占めてるときって意外と少なくて、後半になる連れてどんどんリュウくんと交わってくるから、私が大好きな”神楽くん”の瞬間って冒頭の「あと、爪、短い」*7あたりとかの蓼科兄弟殺されるちょっと前くらいまでなんですよね。

しかしッッ!!四宮先生は!!!神楽純度が高い!!!ずっと神楽!!!いやずっと神楽って表現も可笑しいんだけども。神楽純度ってなんだよ。

神楽くんをたまに観たくなるときとかありませんか?あ、ないですか?私はあるんです。みんなそういうときがあるってことで話進めましょうね。まぁ、そういうときには神楽くんとともにこれからは四宮先生も補充していきたいなって考えてます。来月から新シリーズだね!!!!しのりん大好き待ってるよーーー!!!!

 

「化物」


星野 源 - 化物 【MUSIC VIDEO & Album Trailer】

私の中で史上最強の二宮くんビジュアルがあるんですけど。
それがこれ↓

f:id:ars_pfm_193_dx:20170613182937j:plain

シャボン玉で見えにくいねゴメンね。

2010年GANTZ撮影終了から大奥公開頃まで、フリーターの撮影始まる前までですね、初夏から秋にかけて現れた超貴重なパーマアッシュ二宮くんです。すっっっっごい好き。ホント好き。この頃のこの絶妙な痩せ具合含めて好き。二重綺麗。あ~すごい好き。に、若干似てませんか!?この頃の源さん!!あっ、おい誰だコラァ!パーマだけじゃねぇか似てる要素つったの!なんとなくそれ以外もなんとなーく似てるんだよ察せよください。


2013年の復帰後の曲。完成したのは倒れる直前。
歌詞とかこの曲が出来上がる過程とか曲のモチーフになった人とか色々裏話があってかなりウッときてグッときてハッとする話がてんこ盛りだから、みんなとりあえず今ここでグーグル先生開いて星野源 化物」で検索しよう。んで検索で出てきたやつ上から5個ぐらいまでの記事全部読もう。

 

うん、検索した?ちゃんといろんな記事読んできた?
はい、じゃあ話戻りますね。

 

私の持論として、男の人は「スリーピーススーツ」もしくは「ダッフルコート」を着ると3割増しでイケメンになる説を唱えてるんですけど。ほら、たまに嵐もスリーピーススーツ着るじゃないですかあれ最高ですよね最高です(2回言った)あとLOVEのTearsでの二宮くんのダッフルコートもめっちゃ好きです。ダッフルコート似合うよね…可愛い…。

んで!!!この!!PVも!!!スリーピーススーツ!!あざーーーーっす!!!!!!!!しかもこれまた胸キュンポイント5倍にしてくれるメガネかけてる瞬間もあるじゃないですか!!!サムネのとこね!!!たまらないっす!!あざーーーーっす!!!!

絶妙なぱらぱら前髪もたまらない。おたくにおいて前髪って最重要項目じゃないですか。とくに二宮くんに関することとなるとほんともう我々の命に関わるレベルで←

いいよね~この源さんの前髪最高だよね~~~ご飯5杯はかたいっすわ。あとスーツでギターかき鳴らしてるのってめっちゃ萌えない?私は萌えます。二宮くん今年はギター弾いてくれないかな…スリーピーススーツとは言わないから…ジャケット着て欲しいな…

 

「NO MUSIC NO LIFE」


星野源 [NO MUSIC,NO LIFE. メイキング]

↑の化物からの流れで、これ。
この子犬感!!!!!トイプー感!!!!雨のなかダンボールに捨てられて濡れてて欲しい!!!それを私が拾うんです!!!!!!!!!あああああああああトイプー源さんと柴犬二宮くん飼いたい!!!!!!!!とても飼いたいな!!!!!!!!!

 

「音楽はね、死ぬと聞けなくなるんですよ。今のうちだぜ。」

 星野源だからこその言葉。かっけぇ。

 

 

 

うん、これくらいにしとこう。

いや、もちろん他にも魅力がたくさんあってあれなんですけどもうみんなそれは各自調べてください。きっとここまで読んでくれた人なら確実に調べてくれるはず。わたしもまだまだ知識不足なのでいっぱい調べていっぱい聞きます。

 

最後にまたどうでもいい余談なんですけど

黄色い涙SAKEROCK*8がサントラの楽曲提供したときに、バンドメンバーと監督さんで黄色い涙の嵐のポスターパロってるやつがあって。(たぶん”黄色い涙 SAKEROCK”で画像検索とかすると出てきます)

それで、源さんが二宮くんの立ち位置に立っていたことに胸がぐあぁぁあって熱くなりました。あと監督が潤のポジションなのは笑った。

 

 

 

 

 

 

 

*1:二宮和也み→二宮和也っぽさ

*2:本の”厚み”の発音で読んで下さい。にのみ↑

*3:彼らはSnow Man

*4:TOKIO長瀬智也主演映画。二宮くんが友情出演としてチョイ役で出てるよ。色気ダダ漏れだよ

*5:

 

*6:「ネオ・ソウルとポップスを融合させる、という気持ちで作曲、編曲しました」って言葉にほえぇ~って思いました。音楽知識のない人間ですが、なんでこんなに不思議な感覚になるんだろうって思ってたのでほんと、「ほえぇ~そうなんだぁ~」って思いました。最近だとファミソンカップリングの肌も似たようなことしてるって言ってましたっけ。肌も好きなんだよなぁ~。私はたぶんネオ・ソウルのこの感じ、すきなのかもしれない。

*7:この言い方死ぬほど好きっす大好きっす

*8:星野源とかハマケンがやってたインストバンド